FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
反対に、無意識ながら、
もちろん、苦手から逃げている方もあって

その方たちは、大変だなー。
とはたから見ていて思います。

子供の頃、運動会や、学校のイベントが
いやでいやで、
腹痛になったりする子、いますよね。
そんな感じになってます。

それが、運動会に行かなくてもいい、といわれて
ケロリ。ト治るものや、

逃げればなんとかなるような
一過性な出来事から逃げてそうなっているのであれば

個人的には
<戦略としての、一時的な撤退、逃げはアリ>だと思っているので
いいのですが、


人生には、どうしても避けては通れぬ出来事や
ものごと、というのはあって、


それが苦手だからといって逃げていると、
やっぱり、人生に背負わなくてもいい
余計な負荷が増えていっているように見えます。


キネシで見ていてよく思うのですが、

それで死ぬことは無いけれども
慢性的で、かつ、原因がよくわからない、
場合によっては難病の部類に入る。

ような、病気になっている方は
心理的に、こういう避けている<苦手>が
多くある気がします。

例えるなら、
運動会行きたくない、ための、
心理的な<おなかいたい>が
本当の病気に発展してしまっている、
ような、感じがあるのです。


その<苦手>は
本人にとって、苦痛なだけで
他の人にとっては、大したことではない、
というのが、

かえって苦手意識を
強めてしまうのかもしれません。

けれど、他人の力を借りることで
<難しくないこと>に変換できることも
他人の目から見れば、多いです。

問題の渦の中にはまってしまうと
そうは見えなくなってしまうものですが、

世の中には、自分の苦手が得意な人は
山ほどもいるのです。

自分の苦手は克服するのに
何も、自分ひとりで頑張る必要はないと思います。

ですので、
もし、今、慢性的な病で苦しい、
治療法もよくわからないし、
治療しても、効果が見られない、

という方は、

もしかしたら、
病気とは関係なく見えても
自分の<苦手>と向き合うようにすると

なにか、一筋の光がみえてくるかもしれませんので、
苦しい中で苦手なことと向かい合う、

というのは、パワーのいることではありますが、

その苦しみから抜け出たい、と
思うのであれば、

ダメもとで、試してみる価値はあるのではないかと思います。




【2019/09/18 20:13】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
そういうわけで、
私は嫌いなことから逃げてない。と思っていたのですが


いやいや、よく考えたら
学生時代から苦手だった語学からはやっぱり逃げてました。

逃げすぎて、逃げてることから忘れてました。



ところが、ここにきて、追いつめられてきた、というか
語学ができれば
もっと、大きなチャンスをつかめたのに!
ということがあって、悔しくなり、


ちょこちょこ思い出したように
勉強はしていたので
逃げていないつもりだったのですが

結局、身につかない勉強なんて、

机の前に座って、
勉強してるふりをしてる子供と一緒で
やっぱり、逃げていたんだなーと
思うのに至ったのでした。


そういうわけで、
今年は射手座木星期!
外国のものはツキがある!と自分を奮起させて
本腰をいれることにしました。

残念ながら
語学は一日二日で
できるようになるものでもないので、

まだまだ、幼稚園児レベルで
茶道や香道に比べれば
まったく、手ごたえを感じない状況が続いているのですが、

ちゃんと向き合うと腹をくくったせいか、
別の部分に、
<長いトンネルが終わりそうな気配>を
感じるような気がしてきました。


語学と向き合うことにした。というのは
友達にはいっていなかったのですが、

なぜか、遠方の友達にも
同じようなことが生じていて
今年は<苦手克服年>と銘打って、

<できたほうがいいけど、ずっと手をつけてこなかったこと>に
チャレンジしている人が多く、

クライアントさんの中にも
<ずっとコンプレックスだったこと>を解消させるために
行動を始めた方が多いです。

それははたから見たら
<え?いま、それにお金使ってどうするの?
それが身についたところで、使えなくない?>

みたいなことも多いのですが、

芯の部分で生命力が燃え立ってきている、という感じで
見ていて、かつてよりも、ずっと若々しく、
ブレがない、感じがして
気持ちがいいです。



【2019/09/11 20:04】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
ここ数年、セッションをしていても
周りを見ていても

どんなに長所を伸ばしても
結局、<苦手なことからは逃げられない>し

逃げずに、さっさと、克服したほうが楽だなー
と、思うことが、多くなりました。

私は茶道や香道をやっているのですが、
実は、これ、好きで始めたことではなくて、

その知識がないと、困る場面が出てきたので
始めただけであって、

学生時代は、
むしろ、絶対やりたくないことのひとつでした。

香道に至っては、
ある時、TVで見て、
<なにこれ?一生やりたくない!>と
反射的に思ったのですが

先生に恵まれる機会があり、

結局やったら、面白く、
自分で思っていたよりも性に合い、
おそらく、そこそこ筋も良かったようで
数年ですが、続けて今に至ります。

結局、そこで身につけたものが、ふとした時に
助けもしてくれたりするので、不思議です。

茶道も同様です。

自分が好きで始めたことは
滅多なことでは、助けにはなってくれないのになー。



【2019/09/04 17:28】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
以前、バックギャモンの世界王者で
日本で初めての、バックギャモンのプロ・プレーヤーになった
望月さんが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%AD%A3%E8%A1%8C

<ベストコンディションで試合ができる日なんて
ほとんどないから、

体調が悪い時は、体調が悪いを言い訳にするのではなくて
体調が悪い時の試合の練習にする>的なことを

FBに書いてあったのを読んだ記憶があります。

(内容的には合ってると思いますが
 文章はたぶん、違います。興味がある人は
 望月さんのFB探してみてください)


それを読んだ時、
<なるほど!さすが、世界王者の思考!>と思いました。

バックギャモンは平清盛も愛した
人生ゲームで

将棋や囲碁のように、
頭が良いだけでは勝てない

最後の最後で、サイコロの目に逆転される
人生の縮図の勝負です。

そこで3億人プレーヤーの頂点になった人の言葉には
ついていって、損は無いと思いました。

体調が最悪の日、嫌なことがあった日、
なんだかツイテない、
なんで、私、こんなについてないの!

という日は、

きっと数えたら、
365日中、300日くらいはありそうです。

そこをいちいち、落ち込んでいたら、
ほんと、人生、つまらないことだらけになりそうだけれど、

まあ、このツイテない日は
大事な決戦の日に、万全の体調でなくても
勝てるようになる、練習日。

と思えば、
ツイテない日でも、それなりにやりがいが出てくるし、
自己憐憫ループから抜け出しやすくなるし、
<人生で外せない日>の勝負への自信にもつながります。

とはいっても、
やっぱり、ついてない日はがっかりするし、
落ち込みもするのですが、

転んでもただでは起きたくない、という人は、

このツイテないは、
もう、ついてないんだから、
いまさら、一つ二つ、ついてないが増えても
大差ない。


人生で外せない日に、そのツイテない、が
襲ってきても、勝てるような
練習の日にする、と 腹をくくると

時間がたった時
異常に、勝負強い自分が出来あがっていると思います

勝負強い自分、魅力的です。
ツイテなくても、勝つ力半端なければ、

結果的に、楽しい人生が 手に入りそう。

【2019/08/28 16:35】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
先日、セッションに来られた方(40代後半・独身)が

<私、ほんとーに、焦って、若いころに結婚しなくてよかった!>
といわれたのですが、

その理由は
若いころ、結婚をすすめられた相手は、ピンとこなかったし、
今、結婚している(同世代)の人たちを見ていると、
全然、幸せそうに見えない、から、だそうです。

まあ、これは一個人の意見なのですが

そういえば、去年あたりから、
結婚される芸能人や有名人の方って、

見ていて<違和感がない>方が多い気がします。

そして、平成時代に結婚された
勝手な意見ながら
<なぜ、この人と、結婚しちゃうんだろう?>
と、違和感を感じた方って、

早々に<やっぱりね>と離婚された方は、
まあ、そうだろうな。と、
なるべくしてなった感があったからよしとして、

<なぜ、まだ夫婦なんだろう?>と

疑問が出てくる方は、

最近、あまり、いいニュースを聞かなかったり、
ささいなことで、上げ足を取られまくったり、
本人じゃなかったとしても
周りが、大騒動で、自分も巻き込まれていたり、
している気がします。

もっとも、私に、そう見えているだけで
本人は違うのかもしれないけれど、なのですが。

おそらく、前述の
<焦って結婚しなくてよかった!>という感想の中には

無意識に
<違和感がないパートナーと、
  これからの時代であれば、出会えるに違いない>
という、確信、があったからこそ、だと思うのですが、

ここ最近、次々に発表される
かなり、有名な、有名人、の方々の結婚を思うと、
おそらく、その、無意識の一言は、
当たるのだと思います。

というわけで、
これまで、なんでだか、わからないけれど、
良縁に恵まれなかった、という人は、

これから、やっと<違和感>の無い人が
登場するのだと思います。

本日は、滝川クリステルさんと、小泉新次郎さんの
結婚が発表されたのですが、

これまで噂になった方々を振り返ると、
確かに、この組み合わせが、
一番、違和感がないかなー。という気がしますし、

蒼井優さんと山里亮太さんも、
違和感がなくて、見ていて、しっくりします
(個人的な感想です)

というわけで、
良縁求む!の方は、

自分と違和感のない人、を想像してみると
出会いが近づくかもしれないですね!






【2019/08/07 21:43】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |