FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長らくご拝読いただきました
<Fさんからのメール>も今回が 最終回です。
そして、今回も、役立つ情報が入ってます!

約1カ月強にわたったメールのやり取りだったのですが、
初めての子育てで大変な、
しかも暑くて大変な夏の期間に、
膨大な量の情報を、軽やかに教えてくださったFさんには

いま、改めても、感謝!でいっぱいです。

ほんとうにありがとうございました!

Fさんのメールには、
セッションを続けてきた中で
うまくいかないときや、うまくいくときに出てくる傾向が
エッセンスでしっかりはいっていて
「そうそう!」と思うことが多いので、

参考にしていただければ、幸いです。


*********************

<はじめに ご注意くださいね>

ブログ内に出てくるFさんお勧めの方は、
わたしは存じ上げない方ばかりです。

内容を私自身が検証できないので、
Fさんが教えてくださる興味深い方のサイトや個人名などは
すべて匿名にしてブログにUPしているのですが、

今回は、参考になる方も多いかもしれないので、
なるべく原文のまま、掲載いたしますが、

Fさんが教えてくださった方をhidaが保証するわけではないということ、
事前にご了承してお読みくださいませ。


*******以下原文*********

2016年9月6日
<Fさんより>


度々のメールですみません!(*^^*)

昨晩、ヒダさんにメールを書いた後、
ふと「逆に自分で結婚する!と決めたら、
ササッと結婚してしまった友達はどういう人達が多かったかな?
」と思い返してみると、

やはり「変なこだわりのない人」が多かったように思います。


とある私の友人は、30代後半だった時に
「私は結婚して、子供を3人産みたいの。誰か良い人いない?」と相談されたので、
「3人も産みたいのなら、流石にリミットも考えて
結婚相談所なんかも使ってお相手探しをした方が良いのでは?」とアドバイスしたところ、
さっさと結婚相談所に登録して、結婚相談所から3番目に紹介された人と結婚を決めてました。


そして彼女は今40歳で、昨年出産してましたから、がんばれば子供3人いけそうです。


ちなみにその子は特に「開運行動」等も何もしてませんから、
結婚は本気でする気になれば「開運行動」なんかせずとも出来るのですよね。


(注釈*ここで出ている開運行動は

     キネシのセッションで出てくる 開運行動ではなく

     一般的に言われている「風水では@@すると結婚できる」とか
    「@@神社のご利益がすごい」とかいう類のものです。)


逆に「開運行動」をしている事で安心してしまい
(開運行動が結婚に対して本気で向き合う事からの逃げになってしまっている感じ💦)
肝心の「結婚の相手探し」を本気でしてない人も多いような…σ(^_^;)



ちなみに究極にこだわりのない人で思い出すのは、
うちの妹で、「私は結婚相手は誰でもいいの。
だって、誰と結婚しても私は幸せになれるから。」なんて言ってました。



それを聞いた当時は「凄い発言するな〜!(゚o゚;;」と思いましたが、
それって裏を返すと、「どういう道を歩んでも、自分は幸せになれる」
という自信が根底にあるという事なんですよね。


こだわりがあり過ぎる人は、「私はこうでなければ幸せになれない!」という
「思い込みの激しい人」(視野の狭い人)…とも言えるのかもしれないな〜と思ったのでした。

「私はこういう男性じゃないと結婚したくない!」
と思っていたタイプとは全く違う男性と結婚しても、
幸せになれる事もある訳ですから…(*^^*)


*********

これはどこかのメールにあったのが
途切れてしまったみたいなのですが
もう、どこのメールのつながりかわからないので、別に記載しておきます~


http://s.ameblo.jp/7ru-3to/entry-12102633535.html

も私と同じ44歳で、子宮筋腫の合計50センチで出産されています!


**********************

これでFさんとのメールのやり取りは終わりです。
Fさん、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

【2017/05/10 13:43】 | 出産・子供のこと
トラックバック(0) |
~今回も結婚したい人に参考になりそうなことが書かれているメールです~

<はじめに ご注意くださいね>

ブログ内に出てくるFさんお勧めの方は、
わたしは存じ上げない方ばかりです。

内容を私自身が検証できないので、
Fさんが教えてくださる興味深い方のサイトや個人名などは
すべて匿名にしてブログにUPしているのですが、

今回は、参考になる方も多いかもしれないので、
なるべく原文のまま、掲載いたしますが、

Fさんが教えてくださった方をhidaが保証するわけではないということ、
事前にご了承してお読みくださいませ。

****以下原文*****

<Fさんより>
2016年9月5日

大変お忙しい中、ご返信メールを頂きありがとうございました!

ただでさえ、ブログの更新やクライアントさんへの返信などでお忙しいのにも関わらず、
私への返信メールまで律儀に書いて下さって恐縮ですm(_ _)m

私への返信はあくまで暇な時で大丈夫ですので、くれぐれも無理なさらないでくださいね(*^^*)
(今、お返事書いて下さってるレスポンスのタイミングでも、十分早いご返信を頂いている印象ですので… )

特にお香の講座等、やる事も満載な時期だと思いますので、
オフタイムはくれぐれものんびり過ごされて、お身体を大事にされてくださいね!

>よくなってほしい人に、アドバイス>したら、逆切れされている人も多い>みたいで、
>切羽詰まってきた方も多く、
>せめて、ブログで客観的に気づいて>もらえれば~・・・ということのようです

(注釈*これは、クライアントさんが、良かれと思ったアドバイスに逆切れされてしまうことが多いので、
人のブログでだったら、客観的に受け止めてくれるかもしれないので、
ブログに書いてほしいといわれた、と、hidaが書いたメールの内容に対してのお返事です)



↑「逆切れされる!」
これ、本当にわかります‼︎
特に女性にとって結婚の問題はデリケートな問題ですので、
それに関して相談される方もアドバイスをする事はなかなか難しいのですよね〜


でも、女性の場合は大体35歳くらいから、
「結婚、出産、どうしようかな?」とリミットも考えてあれこれ悩まれる方も多いと思うのですが…


そういう意味では、私の周りの方々も大体35歳からそんな感じで…


今、私が44歳ですから、大体この10年間くらい、
そういう「結婚したい!」という周りの方々の相談にのってきましたが…


10年も同じ相談にのっていると、「10年間も結婚したい!と言っている…けど出来ない。」という方々の共通の問題点は、
流石に客観的に見えてきちゃいますよね…σ(^_^;)


とにかく、色々な意味で10年間変わっていない人が多いです(*^_^*)
考え方も、行動パターンも、習慣も、趣味も、人付き合いの仕方も、価値観も、男を見る目も、
男性に対しての考え方も(潜在意識下で男の人を卑下してる人も多いです。)その他諸々も…


で、それを指摘されると嫌がる方が多いので、周りにもそれを指摘してくれる人が段々いなくなってしまい…
歳を重ねる毎に益々その傾向が強くなってしまっている…という…σ(^_^;)



そして、そういう方に限って、親がうるさくない…とか、お姉さんも結婚してない…とか、
お友達に関しても独身のお友達が多かったりするので、
「まだまだ私も変わらなくて大丈夫ー」と思ってしまっていて、
余計結婚からは縁遠くなってしまっている印象ですσ(^_^;)


もちろん、御本人の人生ですから、どう生きるか?は御本人の自由なんですが…


でも、10年も相談にのっている側としては、「結婚したいー」「なんで出来ないんだろう⁇」と
自分は全く変わる気もないのに、
延々と長年相談し続けるられても、もう流石に言葉につまってしまいますよねσ(^_^;)
(問題点を指摘したところで、変わる気ないですし…)


そんな事もあり、個人的にはもう最近はそういう相談にのるのも辞めてしまっています(^_^)


そういえば、女性の恋愛本で有名な男性の著者の方(名前は忘れてしまいましたが…)が
以前何かのコラムで書いていたのですが、
「もしあなたが結婚したいのに出来てないなら、
周りの人に『なんで私は結婚出来ないのかな?』と聞いてみた方が良い。」と…。


「ほとんどの人はひるんで答えてくれないと思うけど、
中には客観的にみて問題点を正直に指摘してくれる人もいて、それは大抵正しい指摘である。


あなた以外のあなたの周りの人たちは、みんなあなたが結婚出来ない原因をわかっている。
わかっていないのはあなただけ。」だと。



だから本当に結婚したいのだったら、
そうやって指摘してくれる人のアドバイスを大事にした方が良いと思うんですが…
結婚は女のプライドと結びつくデリケートな問題ですから、なかなか難しいですよねσ(^_^;)

でも本気で結婚したいなら、そんなプライドは捨ててしまった方が良いと思うんですが…(T_T)


どうしても考え方を変えられない場合は、
物理的な断捨離から入るのも良いのかもしれませんね!


それでは、大変お忙しいかと思いますが、
お香の講座の方も上手くいきますようお祈りしております(≧∇≦)

いつも有益なメールをありがとうございます(*^^*)

感謝を込めて…


【2017/05/05 13:32】 | 出産・子供のこと
トラックバック(0) |
今回は結婚のために、いろいろやっているはずなのに
なかなか ご縁がこない~という方にも参考になるメールです!

<はじめに ご注意くださいね>

ブログ内に出てくるFさんお勧めの方は、
わたしは存じ上げない方ばかりです。

内容を私自身が検証できないので、
Fさんが教えてくださる興味深い方のサイトや個人名などは
すべて匿名にしてブログにUPしているのですが、

今回は、参考になる方も多いかもしれないので、
なるべく原文のまま、掲載いたしますが、

Fさんが教えてくださった方をhidaが保証するわけではないということ、
事前にご了承してお読みくださいませ。

*****************

2016年9月5日

<Fさんより>


お忙しい中、ご返信を頂きありがとうございました!
大変お忙しいと思いますので、ご返信の方は気になさらないでくださいね(^ ^)

子宝系でふと思い出した事をメールした感じなので、ご返信も不要なくらいです(*^^*)

中津宮はキネシでも「クライアントさんの子宝に良い…」と出ていたのですね!

(注釈*以前、関東地方に住む方にしたセッションで、子宝にいいエリアで、
中津宮が出たことがあったのを思い出し、メールに書いたことへのお返事です)

確かに自分自身もそこを訪れた後に妊娠しているので、そのようなパワーを頂ける場所なのかもしれませんね☆

ヒダさんも書かれていらっしゃいましたが、「無理」と思わず行動する事が非常に大事だと思いますね!

ちょうど40歳前後になると、結婚関連でも、子宝関連でも本気で悩む方々が私の周りでも多く…
その中でも特に「現実的な行動力のある人」は望んだ結果をちゃんと得られている方が多いです。


逆に御本人はとっても魅力的なのに結婚等になかなかご縁がない方…というのは、
口では「結婚したい」と言いつつ、
御本人の行動を見ているとあまり結婚に関して現実的な行動は起こしていないように見受けられます。


口では上手く説明出来ないのですが、
「結婚したい」と口では言いつつ、
「なんかそこまで自分を変えてまで行動しなければならないなら、
別に結婚なんて出来なくてもいいかな〜」と内心では思っているかのような振る舞いというか…。


(もちろん、御本人は口では常々「結婚したい!」と言っているので、
そんなご自身の内心には気付いてないです。子宝系も場合もしかり。 ですが…)

そういう雰囲気って男の人は敏感に察知しますから、
男の人から声をかけ辛いだろうな〜と思ったり…。

結局、結婚も子宝も自分の事だけで無く「相手」がある事ですので、
あまりに「自分はこうじゃなきゃ嫌!」と
自分の価値観や拘りに執着が強い人程難しくなるのかな?と…。


こういうのって異性の方がわかりやすいのですが、
例えば男性でも40歳過ぎて独身の方って、
拘りが強すぎたり、「俺はこうじゃなきゃ嫌!」とか
「自分のペースは崩したくない。」って方が結構多いですよね。


そういう男性って、やっぱり女性から見ると
「結婚し辛いタイプの男性…」という風に映るじゃないですか。


女性の場合は男性ほど表向きにそういう雰囲気は出さなくても、
内心では「実は私は拘りが物凄く強い〜。自分を変えたくない〜。」
という方が多いような気がします。


そういう意味では断捨離って、「自分のこうじゃなきゃ!」を
一度真っさらにする行動なので、
結婚でも子宝でも「相手」が入り込むスペースが出来るのかな〜と…。


私自身も子宝を授かる直前に、ベッドルームを断捨離して、
ベッドとサイドテーブル以外はほぼ全部捨てたお話を前回のメールで書きましが…


そこまで物を捨てると、ベッドルームから今までの「自分色」が一度全く消えますので、
第三者(今回の場合は子供)が入り込みやすいのかもしれないな〜と思いました。

それで実際に子供が生まれてしまうと、自分自身の価値観も物凄く変わりますので、
やはりあの時に思い切って断捨離しておいて良かったな〜と…。


当時はあそこまで断捨離してしまうのは「自分色が無くなりすぎかな〜」
と思う感じもあったのですが、

今振り返ると子宝を授かるにあたって、
あれくらい思い切って断捨離してしまって本当に良かったと思っています。
それ位、子供を産むと人生観も変わってしまうので…。

またまたメールが長くなってしまってすみません

でも、結婚も子宝も「叶えたい現実」の中でも、「相手」というものが絡んでくる事ですから、
あまり拘り過ぎるのは縁を遠ざけるのかな〜と自分の経験からも思った次第です。


そうそう!
シェアハウスから引っ越されて、****(外国)に行かれて良いご縁が出来た方も凄いですね!


その勢いで良いパートナーに恵まれてきっとご結婚も近いんでしょうね!(*^^*)

油は本当に変なものをとってしまうと体調を崩しますよねー (T_T)

(注釈*たぶん、たべたごはんの油があわなくて、体調を崩したことを、メールに書いたんだと思います)


私も今は母乳の為に食べ物に気をつけているので、
たまに変な油(買ってきたお惣菜とか)をとってしまうとお腹を壊したりします

やはり自炊の方が油には気をつけられるので…
(買ったものや外出は、外すと痛いですよね σ(^_^;))

そういえば、先週と昨日は**(お子さんの名前)が通う習い事のお教室の見学
and体験レッスンに元町に行ってきたので、
その帰りに久しぶりにヒダさんにご紹介された
ブラッスリーアルティザンにランチ行ってきました☆(≧∇≦)

主人はステーキで私はキッシュを頂いたのですが、とても美味しかったです!

**(お子さんの名前)が生まれる前は、
「子供が生まれたら当分外食なんて無理だろうな〜」と思っていたのですが、
**(お子さんの名前)はレストランではおとなしくしていてくれるので(大抵寝てる)
ランチは割と気軽に出来ています。

そういうのも、結局、実際に生まれてみないとわからない事なのですが…

粉ミルクの件も私も**(お子さんの名前)が生まれてから知りましたσ(^_^;)

日本のものはセシウムが出たり↓

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASDG0603H_W1A201C1CC1000/

原料の80パーセントが輸入ものとか↓

http://babybaby0214.seesaa.net/s/article/408315084.html

↑放射能検査していないとか…σ(^_^;)

ヨーロッパの粉ミルクの方が安全基準も厳しいようです↓

http://www.ericit.org/kaigai.html


それでは、いつも素敵なメールをありがとうございます(≧∇≦)!

ご返信はお気遣い無く、お身体をくれぐれも大事になさってくださいね☆

感謝を込めて…

********



【2017/05/01 13:05】 | 出産・子供のこと
トラックバック(0) |
<はじめに ご注意くださいね>

ブログ内に出てくるFさんお勧めの方は、
わたしは存じ上げない方ばかりです。

内容を私自身が検証できないので、
Fさんが教えてくださる興味深い方のサイトや個人名などは
すべて匿名にしてブログにUPしているのですが、

今回は、参考になる方も多いかもしれないので、
なるべく原文のまま、掲載いたしますが、

Fさんが教えてくださった方をhidaが保証するわけではないということ、
事前にご了承してお読みくださいませ。


***********以下原文************
2016年9月1日  

<Fさんより>  

ヒダナオエ様


度々のメールで申し訳ありません!


確か福岡県のお友達で子宝希望の方がいらっしゃる…と頂いたメールにあったので、
「福岡県の子宝ネタ」でふと思い出した事をお伝えしようと思いまして、再びメールさせて頂きますね!


以前のメールにも書きましたが、昨年の夏にお墓まいりも兼ねて九州の長崎と福岡に旅行に行きまして、
その時に櫻庭さん達御一行と途中で合流した事もあり、
櫻庭さんの勧めで予定外だった宗像大社様に最終日に参拝する事になったんです。


それで10人くらいで宗像大社様の辺津宮に参拝に行ったのですが、
参拝後にフェリーに乗っていく事が出来る中津宮が大島という島にあるとの事で、
25分程フェリーに乗って中津宮も参拝して来たのです。


その時にフェリーの出発時間がかなりギリギリで、
フェリー乗り場までそれぞれが車やタクシー移動で個別に移動した為…。


10人中、乗れたのは半分くらいの人だけでして、たまたま私は乗れたんですね。


それで、帰りのフェリーの時間もあり、かなりの強行軍で中津宮をお参りし、
その後お墓まいりをして横浜に帰って来たのですが…


iPhoneの写真を見てみたら、それが昨年の8月1日の事でした。


その直後の8月9日が最終生理日になるので、
今思い返すと本当にその直後に子宝を授かったな〜という感じです。


それで、私がたまに読んでいるあべけいこさんのブログ記事で、
数日前にたまたまこの宗像大社様の記事があがっていまして…↓


宗像大社の女神様に呼ばれた話


その1


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12188888732.html


その2


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12189210584.html


その3


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12190391162.html


その4


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12191658476.html


その5


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12191678808.html


その6


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12192610397.html




その7


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12192801672.html




その最後のブログ記事のその8で。↓




その8


http://s.ameblo.jp/happy-abekeiko/entry-12192875226.html


あべさんが、宗像大社様の中津宮で「あなたは身ごもるプランがあるが、それを拒否している。」と
中津宮の女神様に指摘されるのですが…


この記事↑を読んで、
もしかしたらこの中津宮という場所は子宝とも関係しているのかな〜とふと思ったのでした。


福岡の方でしたら、宗像市は近いと思いますので、
もし宜しければ一度参拝に行かれてみても良いかもしれませんね(*^^*)


あべさんのブログ記事によると、女性性の解放…というキーワードもあったので…


ちなみに私はあべけいこさんには直接お会いした事がないのですが、
あべさんの旦那様にはとある講座でたまたま一緒になり、お会いした事があります。


そういえば、この昨年の九州旅行に行く直前に櫻庭の断捨離講座に影響を受けて大規模な断捨離を決行しているのですが、
iPhoneの写真を整理していたら、その時の「断捨離をした後の部屋の写真」が出てきたので添付しますね!


ベッドルームの写真なんですが、ベッドとサイドテーブル以外は、ほぼ全部捨てたという…w


ベッドルームにここまで何もないと、本当に物凄く良く眠れます‼︎


今はここに**(お子さんの名前)の物が置いてあるので写真のようではないですが、
考えてみたら**の物のスペースを作る為の断捨離だったのかもしれませんね(*^^*)


子宝希望の方は、このくらい思い切って断捨離してしまうと良いのかもしれません☆


子供が生まれてから、断捨離したくてたまらなかったのですが、
なかなか時間的余裕が無くて出来てなかったのですが…


最近、寝返りを始めた**(お子さんの名前)の為にコルクマットをひいたので、
それに伴って再び断捨離を始めました!


昨日、今日はクローゼットを**(お子さんの名前)が寝た隙に少しずつ断捨離しているのですが、
断捨離をするとやはり気分がスッキリしますね☆


それでは、お忙しい中、度々のメールで失礼致しました(*^^*)


台風のせいで気圧の変化が大変ですが、くれぐれもお身体に気をつけてお過ごし下さい☆


******

【2017/05/01 12:59】 | 出産・子供のこと
トラックバック(0) |
<はじめに ご注意くださいね>

ブログ内に出てくるFさんお勧めの方は、
わたしは存じ上げない方ばかりです。

内容を私自身が検証できないので、
Fさんが教えてくださる興味深い方のサイトや個人名などは
すべて匿名にしてブログにUPしているのですが、

今回は、参考になる方も多いかもしれないので、
なるべく原文のまま、掲載いたしますが、

Fさんが教えてくださった方をhidaが保証するわけではないということ、
事前にご了承してお読みくださいませ。


*******************************


<2016年8月3日>

<ヒダより>

またまた、すてきなメールありがとうございました!


せっかくなので、全部まとめて、
ブログにしようとおもって、まとめ始めました。
ものすごい、膨大な量で、ほんとうに、ありがとうございます

~略~

いただいたメールの、数字で思いだしたのですが、
高齢出産で躊躇する理由に
「ダウン症出生率が上がる説」をおっしゃる方があるのですが、

とある高齢出産の方(ダウン症のお子さんをお持ち)が
ダウン症の子供を持つ母親の会に行ったところ、
そこには、10代~40代まで、まんべんない年齢のお母さまが
ほぼ、同数いて、

出産年齢を聞いても、やはり、どの年齢もまんべんなく同数いて、
自分が高齢出産だからダウン症の子を生んだのだと
自分を責めていたのだけれど、そうではないとわかってほっとした、と
いう話がありました。

この話だけですと、正確な統計が出せないし
推測の可能性でしかないですが


どの世代からもまんべんなく生まれてくるのであれば
出生数を母体数とした時、


高齢出産から生まれるダウン症の子供の確率は
20代~30代の出産よりも、低くなりますよね。


これは  加齢によって卵子が減る、というのは、
強い卵子しか残らない、といいかえられると思います。


また、クライアントさんで43歳で出産された方が
出生前診断を2回受けたのですが、
2回とも、(たしか)70%の確率で、染色体異常、もしくは異常の可能性がある、
と出てしまい、とても悩んでいらっしゃったのですが、

(羊水に針をさして羊水検査をすれば、もっと精度の高い検査はできたのですが
それは、子供が流れる可能性もある、というので、しない段階での結果)

キネシでは「身体・脳ともに異常なし」とでており、
悩んだ末、結局、出産されました。

結果、

異常どころか、とても頭のいい子が生まれてきました。
(身体も、普通よりも大きめで、成長もはやく、賢い、という点では
異常なのかもしれませんが。
8ヶ月でハイハイを飛ばして、いきなり、歩いてました(軽く、走ったりも!)


科学が進んでも、未だに、出産については
明らかになっていないことが多いので、
いろいろな方の出産の話を聞けば聞くほど、
不思議だらけですね!


フォーカスして集中したものは
やはり、確実にやってくるようなので、


***さんご家族は
これから、ますます、どんどん、幸せになって
「わたしも、そうなりたい~」という
憧れのひとつになっていかれそうな気がします。



般若心境は今までも、何かと、ご縁がありましたが、
せっかく、すてきなお話も教えていただいたことですし、
もう一度、改めて、見直したくなりました。

*****************************

<2016年8月4日>

<Fさんより>

またまた素敵な情報満載のメールを頂きありがとうございました!(*^^*)

科学が進んでも妊娠出産に関しては、
まだまだ解明出来ない事も本当に多いみたいですよね☆

先日ご紹介したブログの方のように、
お医者さんから「絶対に妊娠は無理」と言われた方が子宝を授かったりする訳ですし…

私自身は出生前診断は受けませんでした。

普通の病院では、
40代だと出生前診断や羊水検査を勧められるところが多いらしいのですが、
私が通っていた病院では、
「出生前診断は、こちらからはあえて勧めませんので、
ご希望の方はお申し出下さい」というポリシーのところでして、
病院側から受けろとも言われませんでしたし、私自身も受ける気はなく…。

というのも、キネシのセッションでも
「44歳で出産」というのが出ていましたが、
他のセッションやチャネリングで
少なくても3人の別の方から「44歳で出産」
というメッセージを頂いていて、
これだけメッセージが重なるという事は、
きっと生まれてくる子供が、
「ママ!この年に生まれてくるから宜しくね!」と
メッセージを送ってくれてるんだと思い、
どんな子でも産もうと前々から決めていたからです。

そういう意味では、
いくつかのセッションや鑑定等で「
○○歳で子供が生まれてくる」というメッセージを受け取り、
心の準備をしておくのは非常に有効かと思います。

でも、妊娠して何回目かのエコーで、
初めてお腹の子が「人の形」として見えた時に、
その動く姿の我が子を見て、「ああ、この子は大丈夫。」と
不思議と根拠のない自信が湧いてきて、
そういう意味では妊娠中は何も心配する事なく過ごしていました。

もちろん、巨大化した筋腫や年齢の事もあり、
病院ではハイリスク認定でしたので、
散々様々なリスク(流産、早産、妊婦糖尿、血栓など)を
かなりお医者さん側から説明されましたが、
実際の検診では毎回全く異常なしであっさり終わりまして、
引っかかったのは9ヶ月に入ってから受けた貧血検査くらいですかね。
(貧血は年齢関係なく、妊婦さんなら普通になりやすいものなので…)

まあ、そういう意味では「40代」という事で
病院からは色々と言われますから、
それに動じない「肝のすわった精神力」は
高齢出産においてはあった方が良いかな〜と思います。

あとは子宝希望なら、物理的に自分の身体大切にして
コンデションを普段から整えておき、
実際に高齢出産をした方のポジティブな話を見聞きして
(世間一般で言う平均値の確率等は、
あくまで確率論なので気にし過ぎても仕方ないです。)
妊娠の可能性に意識を向けること。
そして「自分がピンときて良いと思ったこと」は
なんでもやってみる…という事が大事かもしれません。

特に子宝は、自分だけじゃない「子供」という
別人格の人生が関わってくる事ですから、
「あちら側の世界の事情」もかなりあるんじゃないかな〜と
個人的には思っています。

そういう意味では、物理的な身体のケア以外は「神頼み」
(先日のメールでご紹介した般若心経の運命転換法)、
「先祖供養」は非常に有効だと思います。

あとはやはり自分の意識の向け方がそちらの方向に向いていれば、
自然と自分に必要な情報はもたらされる気がします。

母乳の件も、「年齢と大量出血で出ないのは仕方ない…」
と諦めるのではなく、「やはり母乳で育てたい!」
と意識をそちらに向けたら、
良い助産師さんと出会えましたし、
昨日はそのゴッドハンドの助産師さんの出張マッサージを受けたのですが、
産後すぐは非常に苦労した母乳も、
その助産師さんのマッサージのお陰で今では噴水のごとく湧き出ています。
なので、やはり意識の向け方は大事だと思いますね!

40代で出産した女性は長生きする↓

http://www.news-postseven.com/archives/20130609_192085.html?PAGE=1#container

なんて統計もあるみたいですし、
私も孫の顔は見たいですから、
是非子供の為にも長生きしたいと思います☆(*^^*)
~略~



【2017/04/29 15:46】 | 出産・子供のこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。