FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近思うことがある。
 キネシの答えはナゾナゾだ・・・・

 っていうより、体がその人の性格とは反対の表現の答を出して、視野を広げさせようとしている・・・という感じ。

 一言で言うと
 「四角い人には 丸い答えを
  丸い人には、四角い答えを」という感じ。

 まじめで一本木な人には、
 「人生、まじめで固いだけが、価値あるものじゃないのよ~」とでもいいたげに、まるでおちょくるような遊び心たっぷりの表現や答が出たりして、

 反対に「は?」と思うような異次元のことでも素直に信じるような人には、
 まるで「なんでも鵜呑みに信じちゃいけないのよ~。ちゃんと自分の頭で考えなさい~」とでも言うかのように、
 複雑で難解な表現で答がでる。
 で、家に帰って調べものをするようなことになる。

 こういう答えのパターン見てると、
 キネシって、出る答が、その人の今出ている性質とは反対の性質も同時に伸ばそうとしてくれてるのかな?
 なんて思ったりするのだ。

 ちなみに、上の例で言うと、
 「四角い」人には開運行動で「マンガを10冊読むこと」とか「遊園地に行くこと」みたいな内容が出たりして、

 「丸い人」には、主に検索系・・・ネット駆使して、図書館でもこもらないとなかなか発見できないような、不思議~な暗号が出たりするのだった。。。

 
 
スポンサーサイト

【2007/04/26 01:00】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。