FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
 キネシを初回で受けられた、「初回」の方は思われると思うけれど、
 「何で、一番最初の時って、こんなに色々メッセージが多いの?
  しかも意味不明なものばっかり」 と。

 もちろん、みんながみんな「?」な「ナニコレ?」メッセージではないんだけれど、
 やっぱり中には「意味不明」とか
 「それが最優先課題なの?」というものもあったりする。

 例えば、この前来てくださった方。
 「ブログに書いてもいいですよ」といってくださったので、書かせていただくことにすると、

 この方は、色々ご自分で書いてきてくださった「相談内容」があったのに、
 一番初めに出た「メッセージ」のうちの一つが
 「とある作品を完成させること」だったのです。

 この方、とっても手のかかる、日本の伝統工芸品を作る、ということもしていたようなのですが、
 その「作品」というのが作った所で1円にもならない、(しかもメンドクサイ)師匠の遣り残したお品だという・・・

  そのときは、本人曰く
 「どこかで心のつかえになっていて、見てみぬフリをしていたんだけど、出てきたか~」という感じだったらしいので
 あれこれ時間をかけて、その作品の仕上げ方をキネシで聞いて、帰られたのです。
 「とりあえず、これに手をつけて、他のことが進むようにします」と。

 ところがほんとに後日後、あっけない、結果が・・・
 なんと、作品に手をつけたとたん、それが「割れて」しまったというのです!
 それを、「遺品を仕上げてくれ」と頼まれた遺族の方に連絡したところ
 「捨ててください」とのこと。

 なんと、長い間の心のささくれが一気に解決してしまったのです。
 なんとまあ、あっけない終わりで、
 それはそれはご本人もびっくりされていたんですけど、

 なんか、この話を聞いたら、
 「案ずるより産むが易し」って言葉ってほんとうだなぁ~って。

 キネシをやってると
 「悩んでる時間があるなら、まず、何でもいいから行動しなさい。
 人生、行動ありき!だよ。行動しなきゃ、始まらないよ!」って言われているようなときがとっても多いんだけれど、

 改めて、それを実感させてもらったお話だったのでした。

(お話くださった方、どうもありがとうございましたp(^-^)q)

【2007/05/23 00:29】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |