FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事がポンポンって進むときってどういうときだろう?ってふと思った。
実力があっても成功はそれに比例するわけじゃない。
徳があるからお金が集まるわけでもない。
成功もお金も人柄に関係なく集まるところには集まっていく。

で、フィギュアの4大陸大会で浅田真央選手が金メダルを取ったときに、
確か「お客さんのために滑ろうと思った」みたいなことを言っていた事を思い出した。
もともと実力があるのに、なんだかスランプに陥ったあと、復活した選手って、
必ず最後に「人のために」っていうコメントを出す気がする。

スポーツってとことん自分追及の極みみたいな気がするけど
毎日の努力の積み重ねの上にさらに「人のために」って心から思えたときに
物事はポンポンと進むのだろうか?なんてふと思った。
もちろんその「人のために」っていうのは、
うわべだけじゃなくって、ほんとに心のそこから思えたときにこそ、威力を発揮するのだろうが・・・

って考えていたら、
春口さんという方からメールが届いた。
目がとっても印象的な子だ。
舞台やTVで演技をしたりしている。
http://www.haruguchiai.com/
本人のご承諾をいただいたので、ご紹介させていただこうと思う。

hidaさんへ

お久しぶりです。
久しぶりにhidaさんのブログ読んでて思い出したのでご報告を。

前回お伺いした時に、ヨガの先生になりたくて、という話をしまして、ティーチャートレーニングを受けるか迷ったのですが、かなりの分割払い交渉が思いのほか通り、受講を始めました。
あっという間に春の講習が終わり、半年後に秋の講習を終了すると先生の資格が頂けます。

hidaさんの所へ行った時に、
焦らない
ヨーロッパから来たもの(流派)をやるといい
そして、
もう既に、教えられる
というようなメッセージが出てたのですが、
かなり駄目元交渉でトレーニングが受講可能になり、結局今年は何をしても先生になるためにヨガにつぎ込むのだから、これでいいのだ、と思い、講座開始日前日に手続きが終了し、受け始めました。
そしたら、先生は90%外人、ヨーロッパとは言いませんがあらゆる国で教え回っている方達ばかりで、アメリカ流儀は一つも出てきません。
更に、教えることが楽しみになってきた終盤、地元の友達がうつで一ヶ月も引きこもっていたことが分かり、運動不足解消にヨガに誘ったら、やりたい!と即答だったので、2週間、全4回のプライベートヨガ教室を彼女の部屋で開催しました。すると、彼女はめきめき回復し、2回目のレッスンで、薬を辞め、3回目のレッスンで転職先を決め、4回目のレッスンでいい漢方薬に出会っていました。
教えちゃったんです。ヨガ。
そして、自分の経験以上に、ヨガで人が変わる瞬間を見させて頂きました。
世の中にはホルモンのバランスの変化に気づけなくて、うつ『症状』をうつ『病』とはき違えてしまう女性が多いですよね。
薬を飲む前に気づけること、出来ることを伝えられるヨガティーチャーになって行きたい、というのは、この出来事が起こる前から思っていたので、とてもありがたい経験をさせて頂きました。
なんだか少し余裕ができたので、ご報告でした。
また、よろしくお願い致します。今度は他のスタイルでやって頂こうかしら。。。。


やりたいことが同時に人のためになると、
自分も相手も一気にポンポンポンポンって何かが進んでいくんだなぁ。
て、このメールをいただいて、
「やっぱり」って確信した。
無理に思いこむんじゃなくって、
あくまで、自然にそう思えるように、何か好きなことを続けていけるのっていいね。

で、このメールでは
世の中にはホルモンのバランスの変化に気づけなくて、うつ『症状』をうつ『病』とはき違えてしまう女性が多いですよね。 っていう一文も結構印象的で、

天気(星の配置とかも含む)が悪いのを自分の不調と同一視して
病ではないのに病に陥って悲しみを引き寄せてしまう人もいるから、
ちょっと調子が悪い人は、辛くて大変だと思うけど、
一度、一歩引いて自分の不調の原因を探してほしいなぁ
と思ったのでした。

スポンサーサイト

【2008/04/19 23:56】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。