FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚相手にゆずれない条件・・・というのをキネシで出すと
「におい」というのが結構ある。
それをいうと「え~???」っていう反応が多いんだけど
「優しい」とかよりもよっぽど出る頻度は高い。

以前見たなにかのTV番組で
性が男性に求めるもの(好み)として確か
10代・・・・ビジュアル
20代・・・・経済力
30代・・・才能
40代・・・声
というデータを出していた。

当時20前半だった私は
重視するのが「声」だったので、
「嗜好が40代なんだ・・・・」ってがっくりしたんだけれど
同時にゆずれないのが「におい」でもあったのだ。

私はアレルギー性鼻炎のせいか食べ物の味も満足にわからないのに
(普段、納豆を食べてもにおいも味もしない。あるのは食感とか大豆の味とか。甘い、辛い、とかはわかる)
なぜか「くさい」においには敏感だった。

それはどれくらいかというと、
2000年に三宅島が噴火したとき 仕事で群馬に住んでいたのだけれど、
朝起きたら、空気が硫黄くさくて死にそうになった。
それを会社に行って話したら
「そんなわけあるわけない」とさんざんバカにされたのだが、
その日の昼のニュースで噴煙?だかが風にのって群馬まで到達したとのニュースが流れたのだ。

とまあ、そんなんで「いい人」といわれる人で、
客観的に見て「ステキな人だな~」と思っても
「におい」がダメで側にいられなかった人。というのがいた。

それを密かに言ってもわかってもらえることが少なかったのだが
この前、お会いしたクライアントさんから「やっぱり!」というお話を伺った。

その方は、とてもナチュラルないい香りの香水をつけていた。
ぱっとした印象はオーラソーマのクイントエッセンスのパラスアテナみたいな香り。
香水にしてはすごく軽くて、なのにしっかりと香るのでお話を伺うと

その香水は香水を作った調香師さんがその人の体臭を嗅いで
香水と合わせた結果、どのように変化していくかを予想し
その人にもっとも似合う香りをチョイスしてくれる、というイベントがあって
そこでカウンセリングしてもらって買ったものなのだという。

私は百貨店で売っているような高級香水をつけると大体3時間後には
愛犬ダックスのシャンプーと犬の匂いが混じった臭いに変化してしまうので、
それはすごい!と思った。

その調香師さんはそういうこともちゃんと考慮して
その人のベスト・フレングスを選んでくれるのだという。

どうりで、その方のつけている香水が嫌味なく、その人をベールで包むように香っているわけだ。

そしてその方がいうには、
「自分が嗅いで『あまりすきではない』と感じるにおいは、自分にとって相性のいい香りではない可能性があってベストとはいえない」という
その方は体臭が「甘い」タイプだったそうで
例えば「バニラ」の匂いはもともとあまり好きではなかったそうなのだが、
そういう方が「バニラ」の香りをつけると「甘くなりすぎてよくない」というのだ。

そういうわけで彼女はその「甘さ」を嫌味なく輝かせてくれるような軽さのある「芍薬」の香水をすすめられてつけられているのだという。

同じ理屈で
「自分のベストワンの香りを『いい』といってくれる人とは相性がよく、その香りが苦手な人とは
 相性がばっちりツーカーというわけにはいかない」らしい。

以前「恋愛」を科学で解明するという番組を見ていたとき
人は生存本能で生き延びる確立を高くするために
自分とは一番遺伝子学的に「似ていない」人をパートナーに選ぶ確立が高い。というのがあった。

つまり「匂い」のように本能で嗜好が決まってしまうようなものは
他人の嗜好や、指図、思惑、刷り込みが入りにくいわけで
「結婚」のバロメーターとしてキネシで出てくる、というのは実は理にかなっていたりするのだろう。

ちなみに、最近イギリスで互いの存在を知らずに生き別れになっていた双子が結婚していて、
その婚姻が裁判で無効になった、という事例があったが

「自分に近い遺伝子」というのも惹かれる一つの要素なのかもしれない。

その場合の匂いはどうなんだろう?
兄弟姉妹の匂いは「におわない」ことが多いので、
「においのしない人」なのかもしれない。
これもキネシでたまにでる条件の一つだ。

じゃあ、その人の体臭が耐えがたく嫌いな人、というのは
自分ともっとも似た遺伝子か、それとももっとも反対の遺伝子の人物なのだろうか?

まあ、どっちにしろ、耐え難いくらいだから一緒にいても幸せにはなれないような気はするけれど。

そういうわけで恋に迷ったらとりあえず
「好きな匂い」もしくは「においのしない」男性を視野に入れてみてはいかがだろうか?




スポンサーサイト

【2009/02/15 00:20】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。