FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
以前、方位の話しで記事を書いたのですが
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/blog-entry-22.html
それにこんなステキなコメントを下さった方がいらっしゃいました
(Sさんありがとうございます♪)

「旅行で凶が重なるときはその場所で宝くじを買うといいと聞いたことがあります。
風水的には宝くじが当たるのは凶だそうなので、それを逆手にとるそうです☆」

なるほど~!そうやって思うと、
さらに凶方位でも旅行に行く意欲がわくかもしれない!

ほんと~に、キネシで「旅行にいい場所」を聞くと、
風水とか九星占術でのその人のその年の「凶」方位が出ることがままあって
むしろ、そっちのほうが多かったりする。

そういうのを見ると「凶」自体の概念を考え直さなければいけないのかもしれない。
例えば昔の幸せは「何もなく平穏無事に一生を終えること」が吉なら
「変化に富んだ冒険に満ちた人生」はその反対になるから凶なのかもしれないし、

例えば占術、なんていうものは
昔は戦術で高貴な人たちしか知り得ない秘密の技だったりしたから、
それが万が一、下々の人間に漏れても、その奥儀を使いこなせないように
本当のパワーが潜むところには近づかないように「凶」を配置したのかもしれない。

それとももしかしたら
「凶」方位には本当は「強大な力」が隠されているのだけれど、
常人ではそれを使いこなすのがなかなか難しいので、
「ハイリスク・ハイリターン」になるくらいだったら
「無難にコツコツ地味にしてたほうが幸せ」という意味で
「凶」なのかもしれない。

占星術でも昔は「凶」と配置されていた配置も
今では「より大きく飛躍するならばあったほうがいい!」となってしまったものもあるし、
こういった解釈は時代と共に本当は変えたほうがいいのだろう。

そういうわけで
旅行したほうがいい方位が占いで「凶」方位だった人は、
もしかしたらその方位に自分の人生を大きく変える
未知のパワーが潜んでいるのかもしれない。

そんな視点も持って旅行に行くと、
さらにスリルと冒険に満ちた楽しい時間を過ごせそうだと思うのだけれど、
そんなんで何か面白い出来事があったら
ぜひともお知らせくださいね(*^-^*)

【2009/05/06 23:18】 | アクセサリー 
トラックバック(0) |

No title
No name
そういう考え方も吉ですね。
あっ…
…。
たった今、応募先から電話が来てビックリしました。
逃げないぞったら逃げないぞぉ。
何事も経験だ。
面接日20日にしちゃったぁ。
これで良いのかぁ。

by 吉方の少ない木星

コメントを閉じる▲