hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
香水ツアーに参加された方から
こんなメールいただきました。

香水の素材に花の精油(アロマオイル)が使われいるのは
なんとなくわかっていても
それを細かく分析してみると、
やっぱりなんでこれが必要と出たのか納得!という内容です。

わかっていてもやらないもんですが、
ちゃんとやってみて自分で理解した、というのがすばらしいです☆彡
よかったらみなさんもご参考に♪

以下原文****************

香水のこと、また発見がありました。
私のように、何でこの香水が出てきたんだろう?
と思う、試してもピンとこない香水が出てきた人は
その香水を構成する香りの一つ一つを見ていくと
ヒントが得られると思います。
香りの効能だけでなく、どういう植物なのか、とか
歴史的にみると、というところも含めて調べてみると
とても面白いです。

私の場合、ラルチザンのボアファリヌには、
昔から薫香として使われてきたものがいくつも含まれ、
魔除けになると伝えられてきたものも入っていたり
香水として混ぜ合わさった状態の香りからは
私には想像できなかった要素が色々あることが分かりました。
効果をまとめると、
・精神の安定。特に不安を取り除く。
・強壮。
・バランスを取る。
・魔除け
というところに集中してました。
さらに特筆すべきは、私の嫌いなトップノート、
フェンネルの薬草としての「ダイエット」効果で。
そういうことか、と笑ってしまいました。
これ全部、先日お会いしたエネルギーワーカーさんに
言われたところとも被るんですよね…。
続けて、ため込みすぎ、我慢しすぎ、気が巡ってない、
と言われて、自分でもたぶんそうだろうなぁ、と
思っていたことでしたので、納得できました。

やっぱりボアファリヌは、今の私に必要な香りのようです。
香水つけるのとは別に、フェンネル入りのハーブティでも
飲んでみようかな、なんてことも思っています。



【2010/06/28 13:10】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |

No title
shizuno
香水って、本当に奥が深いですよねぇ!
その面白さにますますハマって、香水破産への道一直線の私・・・
私は、香りのストーリーや調香師さんからヒントを得る、ということがたて続けに起こりました。
香水にはわりとわかりやすいメッセージが隠れているのかもしれませんね。
でも、そういう情報を得るには、商品知識のあるスタッフさんとの出会いが不可欠!
先日、こちらにコメントさせていただいた、バーニーズの方もそうですが、ラルチザン表参道本店の方も「さすが!」です。先日、初めて本店へ行って色々お話を伺って「うっわ~」と思う発見がいっぱいでした!差し障りないことしか書いてませんが、よかったら→http://lalunabianca.blog69.fc2.com/blog-entry-119.html


コメントを閉じる▲