FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
「私に子供はできますか?(産めますか)」
という質問をされることがよくあります。

質問をしにくる方は、
年齢的にかなりタイムリミットに近い人もいれば
若くても、ずっと不妊治療をつづけている人もいたり、といろいろです。

子供というのは自分から生まれてきてもまた別個の人生だから
なんともいえないのですが、こういう質問をされたときは

「(クライアントさんから)生まれるつもりの子供はいますか?」と
聞くことにしています。

そうるすと色々な返事が返ってきて
「もっちろん!」という素直な返事があれば
「@@してくれるならあなたから生まれてきてあげてもいい」という上から目線もあり
「ママがママのやりたいことをやりつくしたら、いつでも生まれてくるよ」と
ママ優先の返事をしてくれる子もいます。

さて、こんな質問を受けてから、数年がたち、
最近、次々に結果がでてきました。

身体的に妊娠・出産は無理、と言われた人がママになり、
病気が原因で子供ができない、と言われた人がママになり、
不妊治療をやめた人がママになり、
年齢的に難しい、と言われた人もママになりました。

子供って、生命力ってすごいなぁ。と思います。

セッションをしていて気付いたのは、
子供欲しさに精神的・身体的にきつい不妊治療を続けるより

自分がのんびりして、安心して、好きなことをして暮らしているほうが
念願の子供に恵まれやすい、ということ。
自分のところへくる、と言っている子供がいる以上は、
どうやら、子供がいうとおりにしていれば
いずれそのうち、その子にはどうやら巡り合える模様です。

そういえば、私のとある習い事の先生だった人は、
43歳くらいで結婚して、45歳で初産で念願の子供と対面しました。
結婚するはずだった人が婚約するたびに亡くなり
結婚事態をあきらめてしまったかと思っていたら、
42くらいで出会った人と電撃婚!
今は外国で幸せに暮らしているそうです。

【2011/07/03 22:57】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |