hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
「最近、変なオヤジによく声をかけられるのは、北東に置いたゴールドのせい?」
友達は「風水」がよく効くタイプらしく、酔っ払ったときに、ふいにそんな話になりました。

「どうだろう?」とキネシで聞いてみると
「北東のゴールド、というより、そのモノ、が原因らしいけど」との答え。
「ふ~ん」と友達はいまいち、納得いかなさそうな感じでいたけれど、ともかく、そのモノは他の場所に動かすことにしたらしいのです。

その次に、会ったときに、
「ねえねえ、やっぱり、あれ、あのモノが原因だったみたい」
息も荒い友達に聞いたら、
そのモノを東北から、南に移したところ、今度は予想外の予約キャンセルの嵐に会い、「どうしてだろう?」と考えた結果、そのモノを新聞紙でくるんで隠してしまった後、予想外なことはピタリとやんでしまったそう。

そのモノは何だったのか気になって聞いたら、
デコラティブなゴールドの杯の形をした小物入れ(?)だったそうなのだけれど、中古とかではなく、雑貨店で買った新品の量産品だった模様。

新品で何かの念を受けているわけでもないのに、たかだかモノひとつでそんな大きな効果が出るとは不思議。

その話を聞いた直後、クライアントさんからキネシで聞いた「運を上げるもの・下げるもの」を元に仕分け(部屋の片づけ)をしたかたから、次のような内容のメールが来ました。

「もの同士に関係性はなく、捨てようかな~?と思っていた古びたものが運が上がるモノもあり、見た目では分かりませんでした」

このメールの内容が友達が話していた内容と通じるところがあってびっくり。

よく、古いものには念がこもっていて良くない、とか、新しいものには新しい気が宿っていてよい、
みたいなことがいわれているけれど、どうやらそういうものでもないようです。

何が自分に良い運を与え、何が悪い運をもたらすかは、やっぱり人それぞれ。
新しい、古い、流行ってる、よりも、そのモノと自分の感覚でじっくり語り合って
「いる」「いらない」「運を上げる」「運を下げる」波長をつかむのが開運グッズを手に入れる一番の近道になりそうです。

【2011/10/29 23:15】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |