FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
2011年もあとわずか。
年始にやった「今年の神様からメッセージをもらうワーク」とか「女神ワーク」とか、
やったワークのノートを見返してみると、叶ったこともあれば、「まだかなまだかな~」と、いまだ大気中のことも。
その中で目立ったのは「そうなんだけど、そうじゃないこと」

どういうことかというと、「言葉と出来事は一致しているんだけれど、自分が望んだこととは違う」ということが現実化している、ということです。

今年の元旦は新月始まりで「おお!今年はきっとすごいことが起きるに違いない!」と思った人、多くなかったですか?
その「すごいこと」というのは、「すごい景気がよくなる」とか「次から次へと願いがかなう」とか
なんかキラキラした雰囲気のことですよね。

それからわずか3カ月後、ほんとうに日本にすごい「大地震」がやってきて、
「すごいことなんだけど、こういうことじゃない」って思った人、多くなかったですか?

あっているけど、あっていない、この現実。

よく天や宇宙や神様は「言葉を言葉通りに受け取る」といわれますが、まさにそんな「そうなんだけど、そうじゃないんだよね」と思うことが多かった今年、

あと残り僅かになりましたが、年末やってくるサンタクロースが最後の最後まで間違えないように、
これからは綿密に正確にわかりやすく伝わりやすいようにお願いをしようと改めて思うのでありました。

【2011/11/30 17:22】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |