FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
最近、身の回りに阿部晴明(神社)が出てくることが多くって、こういうパターンだと、いずれそこへ行くことになることが多々なので、お正月明けに行くか行かざるか迷っていた時のことです。

阿部晴明(神社)は10年くらい前に今は有名になってしまって一緒に京都を数人で回れるなんてありえなくなった方と(他数人と)一緒に回ったので、今更、という気がして、なんだかすっきりしなくてもんもんとしていたのです。

そんな気持ちで冬至の日に、実家に遊びに行った時のこと。
ふとみると足元に100円が落ちていました。

いつもなら、そういうお金は募金箱に入れるのですが、その前のお金のワークをやったときに、私の場合は「999円までなら、落ちてるお金は神様から『なにかお飲み』というお小遣い」というのが出ていたので
(他の人は、5000円はOKだけど、それ以上、それ以下はダメ、とか、1000円札ならOKとかいろいろでした)
あったかいものでも飲もうか、と思ったのですが、
そこは、地元の神社の前。

「そうだ!おみくじを買えば、結局それは神社のものになる」と思いつき、そのまま、社務所へ。

神様に一礼したあと、おみくじを引くと、なんだか聞いたことのある番号。
いただいたおみくじに目を通すと、そこには、なんだか見覚えのある内容のおみくじが…
おみくじは、その1年の指針として、私は持ち歩くようにしているので、手帳に挟んであったものを見ると!

…なんと2011・1・1に引いたものと全く同じおみくじでした…
同じおみくじが続けて出る確率は、100×100=10000分の1
しかも冬至って、「光の再生」の日だから、ある意味、新しい一年の始まりちゃあ、始まりですよね。
ということは「これちがうから」とか「あ~、古い年のを引きずってるのね」なんていって、引き直しはできないわけで、私は2011年と同じ運勢のまま2012年も。ということですよね。

幸いおみくじは「昇り運」でわりといいことが書いてあるもので、ちょっと「どうしようかな~」と思ってることに対しても、答えっぽいものが書いてあるものでありました。

ちなみに私はこの神社で同じおみくじを3年連続でひいたことが過去に1回、
別の神社で同じおみくじを3回引いたことが1回あります。(両方、実家あたりの氏神様です)
それはどちらも結構、厳しい内容で、実際その期間も厳しい期間だったので、いいこと書いてあるおみくじが続くなら大歓迎。
神様とちゃんと通じ合えてると?こういうことが起きる、まさに神がかっていることが起きるんだなぁ。としみじみ思いました。

迷ったら、まず神社に行って、神様の神託をうける(=おみくじを引く)というのは手かもしれませんよ。

(ただし、鎌倉の鶴岡八幡宮は結構凶がでる確率が高いので、心の弱い方は気をしっかりもってひいてくださいね)

それではみなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

【2011/12/31 23:06】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |