hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
現在、2012年4月25日なんですが、ちょっと前に、秋田でクマ牧場からクマが脱走したり、何かと事件事故が続いたのですが、そういったニュースを追ってみていると、色々情報が出てきて、
その出来事が起きる前には、常に「警告」が発せられて、時には文書で「おしらせ」が来ていたようです。

それに耳を傾けなかったから、大事になってしまっていて、
「なんであの時、ちゃんとやってくれていなかったんだろう?」と思うことしばしば。

こういうことって、日常生活でもよくあることで、
こういうニュースが起きるたびに、自分も何か警告を見逃していないか、お知らせが来ていないか、耳を澄ますようにしています。

もちろん、入ってくる情報の中にはガセネタもあるので、来たものを素直に信じて受け取るのではなくって、
それが正しいものであるか、検証を行ったり、さらには違う形で「おしらせ」が届いていないかを見極める必要がありますけどね。

さて、先日のセッションで調べた内容で、
「アイヌ神話とフィンランド神話には相通じるところがある。象徴として似ている」というようなものがあったのですが、
「アイスランドならわかるけど、フィンランドとアイヌって似てるのかな?」とちょっと首をかしげたのです。

たまたまなのですが、ちょうどこの時、「たのしいムーミン一家」というフィンランドの作家の本を読みなおしていたのですが、その解説の最後に、
「フィンランド人は民族的にはアジア系なのですが、作者はスウェーデン系の方なのですよ」と書いてあってびっくり。

フィンランドって民族的にアジア系だったんですか!?
WIKIでさくっと調べてみたら、そんな記述は見つからず、なのに、ムーミンのあとがきでその事実をしってしまうなんて。

疑問に対しても、早速、どんな存在かはわかりませんが、お返事をくれたようです。

慣れてくると、わりとすぐにそういうことが起きたりするのだけれど、
一方で、ずーっと答えが知りたいことの答えが中々わからないときがあります。

そういう時って、もう、答えが来るまでじっと待つしかないんでしょうね~。
はがゆいので、どうやったら早く答え教えてもらえるのか今度調べてみようかな?

それにしても、キネシってどうしてこんな、知識に無い、謎々な答えを知っているんでしょう?自分でやっていて不思議です。

追記*今日(4・26)メール頂いて、それによると、WIKIにフィンランドの少数民族サーミ人はアイヌと交流があったと記載があったみたいです。アイヌ人!そんなピンポイントまで当てるとはちょっと驚きです。
ただ、サーミ人というのはコーカソイドに分類されるそうですが・・・
   

【2012/04/26 22:59】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |

シンクロを感じました
Linda
昨年にワークショップを受けた後、
フィンランドとご縁ができ、
ゴールデンウィークに訪ねるところなんです。

 詳しくは知らないのですが、フィンランドには
「カレワラ」という民族叙事詩があって、
天地創造の話から語られるそうです。

その叙事詩をまとめた医師が住んでいた街に
今回滞在します。

ネタを仕入れたらご紹介しますね(^^)

Re: シンクロを感じました
*hida*
> 昨年にワークショップを受けた後、
> フィンランドとご縁ができ、
> ゴールデンウィークに訪ねるところなんです。
>
>  詳しくは知らないのですが、フィンランドには
> 「カレワラ」という民族叙事詩があって、
> 天地創造の話から語られるそうです。
>
> その叙事詩をまとめた医師が住んでいた街に
> 今回滞在します。
>
> ネタを仕入れたらご紹介しますね(^^)


素敵です!いい旅行になりますように!お祈りしています!

コメントを閉じる▲