FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
なぜ私が発売前のこの本をいただけたかというと、


image.jpg

稲積サナエ



それは私もちょっぴり、キネシでこの本に貢献しているからなんです♪

稲積さん、3年前に、とある有名なプロデューサーの方から、本をかかないかと声をかけられたのですが、
声をかけられたはいいものの、その方は本を出すまで数年待ちという、超!!!売れっ子の編集者さんだったので、

「どうやったら、本を早く出してもらえるか?」という方法をキネシで調べたことがあり、
その時、レジュメのように、本に書く内容をポイント絞ってまとめたのです。

結局、その方ではない出版社さんとのご縁が強かったので、今回の本は別の会社で出版されるにいたったのですが、
その時まとめたものが、なんと、本を読んでアマゾンのレビューを書いて下さった方へのプレゼントになることになったんです。

私は全然覚えていなかったのですが、その「まとめ」は作った時に
「例え、この出版社で本が出せなかったとしても、絶対にとっておくように」と出ていたそうで、

稲積さんが編集者の方から「なにかありませんか?」と言われたときに、ふと思い出して、その紙を出したところ
「いいですね!」と丸ごと採用になったのだそう。

それが決まった後、稲積さんはわざわざ、その時、キネシでまとめた内容を使っていいですか?と聞きに来てくださったのだけれど、

それは、ちゃんとセッション料金を払って、その中で、正当にまとめあげられたものだから、もちろんOK!

私の著作権?を気づかってくださって、わざわざ聞いて下さったのだけれど、こういう

*自分の利益だけではなくて、他人の利益を気にする 

ところ、成功する人たちには共通しますよね。


アマゾンのレビューを書いてくれた人にプレゼントされる、
キネシでまとめた「おまけ」は、本を使いやすくして、かつ、成功するためのポイントが書かれたものなのだけれど、

実際、本が発売される頃には、進化して、稲積さんが動画でしゃべってくれるそう。

実は、稲積さんって、ものすごい、「言霊」のパワーがある人なので、
本はもちろん、面白いのだけれど、本人の口から言葉で聞いたほうが、
その御利益が高まる!気がします。

昭和50年代後半、30歳そこそこで1000万の借金を抱えて、
そこからゲルマニウムローラーを思いついて商品化して、大成功するまでのお話自体は、
私はすでに何回も聞いているのですが、

稲積さんはしゃべる言葉の力が強いから、これが何回聞いても面白い!
しかも私は、オフレコ時に聞いているので「普通、講演会ではそこまで話せないよね」という部分も結構きいているのですが、本にはその部分も、かなり書いてあったりしてあって、


「え?そこまで、書いていいんですか?」という内容。


女性の書いた成功本だと「素晴らしい支援者に恵まれて」みたいにきれいにさらりとすっ飛ばされていることが多いけれど、

実際、若い女性が一人で何かをやろうとしたら
「ぞの事業内容、とても興味深いから、、手伝ってあげよう」とかいって、
実は下心しかない、おっさんが近寄ってくる、なんてこと、しょっちゅうなんですが、
そういう「きれいごと」じゃないことも、稲積さんの本には、ちゃんんと書いてあるんです。

やっぱり実体験から大成功した人の本は重みが違いますね。

ちなみに本の内容で「そうそう」と私が特に共感したのは、

42ページ 「作戦は立てない」
92ページ 「成功の種は限界の外側にしかない」
154ページ 「意識の脳を黙らせろ」

というところ。
ここらへんの「こたえ」を出すのはキネシの大得意とするところで、

大得意とするところなんですけれども、今までの自分らしさの「外」にあるからこそ
「はぁ?意味わかんない」と置き去りにされて、それをやれば、ぐっと成功にちかづけるというのに 

「やらないまま放置」されてしまう部分が多いところなんです。

私は過去「自分の知らない自分の姿が知りたい」と思って占いに行ったのに、
「自分が知っていること」しか教えてもらえなくってがっかりしたら、
「そりゃあ、自分をみているんだからしかたないよ」とたしなめられたことがあるんですが、

「今いる自分」以外に、たくさんの「成功の種」を抱いた自分って、実は、自分の思考外のところに
みつけてもらうのを今か今かと待ちながら、たくさん待っていてくれたりするんです。

そういう部分を稲積さんの本は、ゲルマニウムローラーの成功体験をもとに、よく書かれていて、
ぜひとも、自分の殻の中でもぞもぞしている人にはいいんじゃないかなぁ。と思いました。

というわけで、新月の夜に起きた「お金持ちになるためのシンボル」は
私にとってはこの本なんだと思うのでしっかり読んで、稲積さんに続く、100億円の女になるべく
精進したいと思います<(_ _)>






【2013/05/18 23:12】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |