FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
転職する時、好きな人ができた時、仕事でうまくいかなくて叱られてばっかりの時、
知らない人ばかりのところに行かなければならない時、いろんな変わり目の時、

「自信が欲しいんです!どうやったら自信がつくんですか?」とよく聞かれます。

中にはありがたいことに「自信が出るアクセサリーを選んでください!」という人も。

けれども残念ながら、キネシではこういうとき、ほとんど、
「自分に自信ができるアクセサリー」が選ばれることはありません

代わりに出るのは「自信は持つ以外にない!自信なんかなくったって、とにかく持て!」という返事のみ。

こんな答えが出たら、藁にもすがるつもりで来られた方、がっかりですよね。
けれど、みんながっかりしつつ「やっぱりね」とつぶやかれるのが印象的。

「自信をつける」のには「もう自分で持つしかない」が原則なのですが、

セッションをしていて気付いた「その他の方法」が実は少しだけあるのです。

そのひとつが「美しさを磨くこと」

これはよく出る答えなのですが、「自信を持つ」場合は、

「素肌や髪・スタイル」など、自分というもともとの素材を磨いて、鏡で見て、自分で満足できるくらい、磨きあげれば、自信がつく、というのです。

・・・たしかに、モデルさんはUニクロであろうがSまむらであろうが、数百円で買える服を着ていても素敵だしかっこいい・・・

ふたつめは「ともかく体力をつけること」

方法はなんでもいいから、ともかく一日中走り回っても疲れない元気な体をつけるんだ!というメッセージ。
「@@ない」と嘆かれる方に

「走るのも歩くのもタダでできるよね?走って歩いて体力つければ元気が出て自信が出て、結局、欲しいものが手に入るんだよ。言い訳しちゃだめ。」

と、ちょっと体育会系で、ちょっとお怒りな口調でメッセージが。

そうですね。そういわれると、その通りなので、もう反論する術はございません。

そういうわけで、「自信が欲しい」と思い悩んでいる方は、
思い悩むのを一時やすんで、ボディーケアと、体力作りに励んでみてはいかがでしょうか?

美と体力に「おや」と変化がみられるころ、いつのまにか、「自信がない」なんて悩んでいた自分がウソみたいに思えてくるかもしれませんよ。


【2013/10/30 21:25】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |