FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事、10月にUPするつもりが、こんな時期に((+_+))
おまけに11月って一回もこっちのブログUPしてなかったんですね~。びっくり!
というわけで、ちょっとタイミングはずれてしまいましたが、かに座木星はまだまだ続くので、御参考いただければと思います。

かに座に木星が入ったのは7月半ばのこと。
星占いだと、木星が入った星座に関することに「幸運」が来ると、言われることが多いし、
このところ、吉祥の配置が出来上がってるから、それはもう、むやみやたらにお祭り騒ぎになっている方も多いのですが、個人的には、今のところ、かに座の木星はたしかに、木星の力である「拡大」というパワーは発揮しているけれど、幸運の兆しはいまだ感じず、といったところです。

毎月やっている、「キネシ的ホロスコープ研究会」にご参加の方も、そこら辺は賢く見抜いておられまして、それぞれに鋭い観察眼を発揮してくれているのだけれど、それで出た内容は、ワークショップでのお楽しみ、なので、はっきりと公開はしませんが、

まあ、ともかく、世間では、かに座の水に呑まれてしまっている人が多い・・・です。

星の配置がいいと、普段よりわがままになっていても、それが通せてしまうところがなお性質悪い。

いつもだったらこんな人じゃないのに。という人のタガが外れて、妙にずうずうしくなっていたり、
そんなに押しが強い人ではないのに、妙に、突っかかってきて、自分のことを押し通そうとしたり、
些細なことを大げさに拡大解釈して、悲劇のヒロインさながらになってしまい「こんなにかわいそうなわたしなんだから、優先してよ!」みたいな、我をわめきちらしたり。

普段からそうういう人は、なおわるく、
そういう人ではない人も、妙に、そこらへんのねじがゆるくなっているなぁ。と感じるのです。

もちろん、そういう人たちばかりではなくて、

そういうのを感じるからこそ、なるべく自分は何事も客観的に見るようにして、
怒ったり悲しかったりしても「ま、そういうときもあるよ」とそういう気持ちが起きても、そのまま、その気持ちに知らんふりして、冷静に勤めてる人達も一方にはいるわけで、

かに座木星の吉祥配置が過ぎた後に、この時の振る舞いが、自分の人生をわける評価の基準となったりするのではないかとにらんでいるのです。

かに座は群れるのが好きな星だからこそ、今は、みんなが行く方向についていきたくなるし、それがいいと思うのだけれど、水は低きに流れる、という言葉の「流れ」が、必ずしも正しい方向へ進んでいるとも限らないのですから、

こういう時期こそ、みんながそうだから、で、流されないように、自分の軸を作っておくことが求められるのではないかと思います、

その軸を作り、流されなかった人たちだけが、来年の、しし座木星の幸運を物に出来るのではないでしょうか。

と、それにしても、水に星が集まって、かに座木星だけあって、今年の秋はびっくりするほど雨・台風が多かったですよね。水で全部悪いものは清めてしまえ、という天の意図だったのでしょうか?

そうだとしても、台風や水害で被害に遭われた方には失われた以上の大きな幸運が訪れるのを祈るばかりです。
スポンサーサイト

【2013/11/25 22:51】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。