FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、では本題の、しし座に入った今、
知らないうちに、影響を受けて、行動に制限がかけられていることは何でしょう?

個人的には、それは「知らないうちに、色眼鏡を掛けた状態で、物事を判断してしまっている」という
lことではないかと見ています。

つまり、知らないうちに、バイアスがかかった状態で、物事を見てしまっているのです。

いい例だと思ったのが、2014年11月17日のGDPショックです。

これは、経済アナリストが事前予想した日本の7-9月期のGDPはプラスだったのに、
蓋を開けたら 2期連続のマイナス、という市場の予想をはるかに上回る、悪い結果に
株式市場が一気に500円近く下げるという、市場が大きく動揺した、出来ごとです。

この日、ずっと経済ニュースを聞いていたのですが、
かわるがわる出てきた様々な経済アナリスト他、の方がいうには、
マイナス予想をしていたのは、1人で、後は全員
(とあるニュースでは主だったアナリスト全員)

「前が悪かったんだから、今度はいいに違いない」
と、ポジティブな予想をしていたそうです。

肌感覚で景気を感じている人は、楽観的にはなっていなかったと思いますが、
アナリストは普段、熱くお金が動く現場に居続けたからこそ、

色眼鏡がかかってしまい、
正確な予想ができなくなってしまったのかもしれませんね。

よく、占いでは しし座の人は、自分の意見を変えない、頑固、
というふうに表現されることがあります。

これは裏を返せば、自分の信念に忠実、ということなのですが、

その、自分の価値観で世界を見て、判断してしまう目、
というのが、

しし座に木星が入った今の時期だからこそ、
しし座、意外の人にも、与えられてしまっているのです。

何事も、物事は、使いよう、、なので、
これをうまく使えば、

前年まで、ささいなことに傷つきやすかった自分が嘘のように、
自信をもって、信じる道を歩いていけるようになることと思います。

しかし、その自覚なく、、走ってしまえば、
気づかぬうちに、傍若無人となり、積み重ねてきた信用を失ってしまっているかもしれません。

そのつもりはなくても、バイアスが かかったまま、物事を見てしまいがちになってしまいがち、
というのが、とてもやっかいです。

しかし、それは、幸運の反作用でもあるのです。

この効果とうまくつきあい、誰にでも公平に注いでいる、拡大の力を使いこなすには、

何事も、わかったつもりで 行動するのではなく、

何事も、はじめてのように、初々しい、新鮮な気持ち、で取り組むのが
大切なのではないかと思います。
(これはしし座が持つ、いい意味での子供力に通じますよね)

私は今のところ、このバイアス(色眼鏡)が、
「あれ~? ここにしまってあったはずなのに、あれがない~」
(で、結局、あるわけがない、と思って、目の前にあるのに
 探さなかった所に、探し物があった)
というパターンの、

探し物に対して、強く出ているのですが、

対人関係でこれが強く出ると、
吉凶の差が、とても激しそうなので、

どうぞ、みなさま、くれぐれも、おきをつけを。
スポンサーサイト

【2014/11/30 16:51】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。