FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
2013年12月末、ちょっとした思いつきでやったら
好評だったので、2014年もやってみました
「鎌倉さんぽツアー」。

内容はこんな感じ の レビューです。
(一応、鎌倉で育ったので、ガイドブックには載らない うんちく?を語りつつ、
鎌倉案内をするお散歩ツアーです。

今回は、御礼参り&先取り 初詣ツアーです。
行く場所は、そのとき集まったかたにキネシをして、
みんなにベストなルートをまわろうと思います。

立ち寄った寺社では、買ったらいいお守りがあるかどうかとかを
キネシで聞いたりしますよ)

で、今回はこうなりました(^-^)

(参加されたメンバー、個人に縁のあったお寺とその意味、
 買うといいと出た、お守り、等のこともキネシで調べましたが、
 これは省いて書きますね)

キネシでルートをきいたら
今回のメンバーによいルートは

銭洗い弁天→鶴岡八幡宮→浄智寺→東慶寺 になりました。

途中で 鴎林洞という、雰囲気のいいカフェでお茶する予定が
「不定休」だったはずなのに、まさかの、休み!!!

(あとで聞いたら、今日集まった人たちがお茶するならば

別にお茶しちゃいけないわけじゃないけど、
平穏な家庭が欲しいなら
4・5月のほうが、時期が合ってる、とのことでした BY キネシ)

そこで、引き返してルートを変えようとしたものの
キネシでは「そのままGO!」だったので、
北鎌倉目指して お散歩続行。

ところが行けども行けども、カフェは、お休み。
たまにやっていても、すでにラストオーダー(15時半だったのに)
結局、お茶にありつけたのは、16時で

「これ、一体何の修業?」と思ったら、

「今日、ここに集まってる人たちは、
 なんのかんのいっても、自分が欲しいもを、
 いざというときに、他の人、優先にしてしまうところがあるから、

 ほしいものはほしい!
 
 と強い意思をもてるように、そして、ほしいものを手に入れられるように
 「ハングリー精神」が身に着くように、こんなことになった」

とのお達しが・・・(BY キネシ)


ほんとに、ハングリーな旅でございました。
(去年は反対に「え?今日、ここ空いてるの?だったらここでお茶しちゃおう~。ラッキー」的な感じだったのに)

今回、おもしろかったのは、

浄智寺に行ったら、
後から来たおじいさんが、通りすがりに、
浄智寺の山門にかけられている
「宝所在近(ほうしょざいきん)」の額の説明をしてくれたこと。

このおじいさん、私たちより先に二人でお寺の中に入ったはずなのに、
上に行ったらなぜか一人でいて、

仏像の説明をしてくれるというので、
なんだかよくわからないけれど、お言葉に甘えて?
(おじいさんの道楽につきあって?)
浄智寺内を案内してもらいました。(笑)

後で、キネシできいたところ、
今回は、このおじいさんの説明を聞いて
仏像を見ることが、

今回メンバーの
・よりよい友人に気づきやすくなる
・パートナーを選ぶときに、うわっつらに惑わされなくなる
・人生の勝負どころで勝負する選択をするようになる
スイッチを入れてくれたとのこと。

へぇぇぇぇ。

確かに、おじいさんいなかったら、観音様は見逃したかも?

ちなみに今回のルートには、
あらゆる意味で、自分が居心地良くなる場所・居場所を得る力を得る、

という意味があったそうです。

(他のメンバーだったら、たぶん違う意味になるので、
 みんなが、みんな、ここを回ったから、同じご利益をもらえるというわけではないです)

たしかに、今回のお散歩、苦行っぽいわりには、
のんびりまったり、時間が過ぎていった感じでしたね。

なるほど~。

そうそう、後で、途中で出会った 
白い鯉は、なんて言っていたんですか?と聞かれたので、
キネシで聞いてみたら、
「ほら、自分を見ると、癒されるでしょ?」と言っていたようです。

神使というより、
白い鯉なので、見ることで、自己治癒力が高まるらしいです。

(そうなんだぁ。)

ちなみに、金色の、がッついた鯉は
「ハングリー!ファイト!」と言っていたそうです。(笑)

とまあ、こんなお散歩ツアーでした。

今年は、お散歩ツアーのリクエストが多いので、

梅の季節にもう一度、鎌倉コース、
横浜コース、
寒川神社コース、

やろうと思ってます。

ちなみに近いところでは、
谷中七福神ツアー、なども。
(こちらご希望される方は1月2日18時までにご連絡くださいませ<(_ _)>。
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/blog-entry-941.html

ではでは、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。。

【2014/12/31 17:03】 | ワークのレビュー
トラックバック(0) |