hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
もう時間がたってしまったので、内容はうろ覚えの部分もあるのですが

以前、化学物質過敏症で、歯の治療で麻酔が使えず、困っている、という方が、
セッションにいらっしゃいました。

その方は、麻酔をせずに、治療をしてもらえる歯医者さんを求めて、
全国各地の、自然療法を始め、色々な形態の歯医者さんに問い合わせをしていて
その中のどこがよいのか?ということを聞きに来られました。

セッションの前に、都内の大学病院はどうだったかを質問した時に、
「断られた」とその方から聞いた記憶があります。

歯の状態はとてもひどく、かなりの苦痛があるのではないかと、容易に想像できました。

セッションで、その時の私が出来ることはしましたが

素人目にも明らかにひどい口腔状態なのに、
化学物質過敏症という理由で、大学病院のような大きなところで断られたら、
一体どうすればいいのだろう?とずっと、思っていたのですが、

先日(2018・5)、この春まで医科歯科大の要職について、
実際に治療をされていた方と直接お会いする機会があったので、
この疑問を聞いてみました。

すると、「(hidaの話も又聞きだろうから)正確な状況がわからないけれど、
少なくとも医科歯科であれば、そういう患者さんを断ることはないし、
化学物質過敏症であれば医療分野の方で、原因を調べることもできる。
東洋医学を使った歯科治療分野もあるので、
(地方の病院にまで診察にいかなくとも)何らかの対応策はあるはず」
という趣旨のことを教えてもらいました。

医科歯科大へは基本、医科歯科大を卒業したお医者さまや、
つながりのあるお医者様の紹介状が必要だけれども、

そういったつてがなくて、紹介状がない場合でも、
初診料が高くなって、
診察までにとても時間がかかってしまう不便はあるけれど
朝から並べば、診察してもらえないことはないそうです。
(かなりの分野の科があるので、必要な科にたどりつくまでの時間がかかるかもしれないようです)

もし、まだ、あの時いらした方が、
まだ、歯の治療で困っているようであれば、

地方まで病院を探しに行かなくても、
近くに、ちゃんと診察してもらえるところがあるのをお知らせしたくて
今回のブログは書きました。

電磁波にも弱いようでネットも携帯もほとんど見ないようなので、
うまく、伝わればよいのだけれど。

また、このことを教えてくださった先生は、
「迷走している患者さんは、かかりつけの歯医者さんともめてしまっている人も多い」
という旨のお話もしてくださいました。

(たしかにこのクライアントさんは、
かかりつけの歯医者さんとの関係がこじれていたようでした)

 お話してくださった先生は医療と治療と研究に人生を注いだ誠実な方なので、
「歯医者さんには、当たり外れが大きい」と、ふと、私がもらした一言に
とてもびっくりした様子でしたが、

 私もかつて、かかっていた歯医者さん(個人)に
抜く必要のない「親知らず」を何度も「抜きましょう」としつこい説得をされ、
 その時は、かたくなに抜かなかったのですが、

 結局、それから数年後、引っ越した先で、その歯が虫歯になり、
近所のおばちゃんのおススメでかかった歯医者さんで

「抜きましょう。けれど、これはうちでは無理な手術になるので、
赤十字病院に行ってください」と紹介状を書かれ、
 
 診断された時、「この歯は(先生)ひとりで抜けないのですか?」と質問したところ、
「それは無理です」と答えられて、
 (男性医師)3人がかりで抜かれたとき、
 「あーあの時、ぬいていたら、大惨事になるところだった」と
ほっと胸をなでおろした経験があるので、
 
 信頼できる相性のいい(かつ腕のいい)歯医者さんに出会うことは
恋人探しくらい労力と注意が必要だと感じています。
 
 いくらいい先生だったとしても、人間なので、相性が悪ければ
患者にはわるい先生になるし、

 いい先生であっても、いつも、不機嫌な時にあたってしまえば、
患者にとっては、悪い先生になってしまいますもんね。
 
 (先生にとっては、その反対)

なので、一概に、歯医者さんを評判だけで判断するつもりはないのですが、
やっぱり歯の治療は苦痛を伴うので、
(自分にとって)いい歯医者さんに出会うべく、
 
 新しい土地では、自分が信用している人(懐具合が近い人がベター)が行っている歯医者さんを教えてもらって、
通うようにしていました。

 というわけで、レアな症状で歯の治療に困っている方は、
まずは、信頼できる人のかかりつけ医にいって、

そこから紹介状を書いてもらう、

もしくは、お目当ての大学病院があるなら、
その大学出身の歯医者さんにまずいって、紹介状を書いてもらう、
などして、

まずは、近所の大学病院で 総合的に診てもらったら、
何とかなることが多くなるのではないかと思います。

【2018/04/23 22:04】 | 健康・美容
トラックバック(0) |