FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
公私ともにこの4つの人格がちょうどいいバランスで出ていると
公私ともに人間関係でおだやかに過ごせるのだと思うのですが、

やっぱりいろいろ見てくると、

・公私ともに 常に 昌モード になっていて苦しくなる人 が多いなぁ。と思います。

こういう方は、どこに行っても、そつなくこなせるのですが、
がまんが多いので、精神的肉体的に、負荷が多いので、やっぱり行き詰ってしまいます。


どこのコミュニティーでももうまくいかない、というタイプの方は

自己認識・昌、もしくは呉羽、なのですが、
実際の、行動や話し方からうかがえる思考タイプは、
・脳内が朱里 のタイプが多いです。

・自己認識・昌、実際は 松任谷 である場合は、言ってるほど仕事ができない人、というイメージを周りにもたれるくらいですが、
・自己認識・昌 実際は朱里、だと、おそらく、かなりの率で、周りから嫌われると思います。

そして、おそらく、周りが一番煙たがるのが、
・自己イメージが 呉羽、タイプの方です。

周りに煙たがれられないのであれば、その人は、ほんとにただの呉羽タイプのゴージャス美人なので問題ないですが

実際は、自己認識・呉羽、実際は 朱里。という方が多い気がします。
嫌われる女性に多いタイプだなぁ。と思います。

ドラマの中で、呉羽という人物は、ゴージャスな美人で、破天荒で、個性的で、自由人、なのですが、

この人が自分に正直で、たびたび常識を超えて行動しても、嫌われないのは、

自分のしたことに、自分で責任を持つ覚悟をしっかり持って、
自分のしたことを他人のせいにはせず
それが常識とは違っても、自分のやり方で責任を取ろうとするからです。

が、自己イメージが呉羽、実際 朱里、というタイプは

自分が周りから煙たがられるのは、自分が美人で才能があって 
男性からもてるからだという思い込みをしていて
(自分に自信があるのは、ある意味、いいことなのですが)

自分のしたことに責任を持たず、努力をせず、
不運を人のせいに被害者意識をことが多いです。

とあるクライアントさんが
<美人な人の方が優しくて性格がいい気がする>といったことがあるのですが、

私も街中で<親切だなぁ>と思うような場面に出くわす時いるのは
美人(お化粧などで作り込んだ顔ではない美人)や、かわいい人で、

<え?>という嫌な思いをさせられるときは
<え?ほんとに、こんなマンガに出てくるような造形の人がいるんだぁ>という人が多いです。

20歳までは親にもらった顔、
20歳からは自分で作った顔、といいますが、

生き様が、顔の造詣に影響を与えているからこそ、そう感じるのかもしれません。

このドラマの登場人物の中には、完璧な人物というのはいなくて、
みんな、性格の一部が いきすぎて、いびつになっているように見えます。

昌、という人物ベースに、ほどよい息抜き加減で、松任谷がいて、
プライベートでは、呉羽のように、自分の個性に自信を持って、
朱里のように、人前で弱音をさらけだせれば、

人は、完璧ではなくても、丸く生きられるのになぁ。
そのバランスは難しいね。
心地よいところは練習していくしかないね。と

このドラマを見るにつけて思うのでした。

お暇な人は、
このドラマの登場人物の性格を使って、

友達に、性格バランスシートなどを作ってもらうのも
いいかもしれません。
(・昌度 60%、呉羽度 10%など、という感じで)

かなり耳が痛くて、しんどいとは思いますが、
人の目で見た、バランスを知ることで、

もしかしたら生きやすくなるかもしれませんよ?

(これは2018・11・21の放送前に書いています)

【2018/11/22 17:44】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |