FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
以前、バックギャモンの世界王者で
日本で初めての、バックギャモンのプロ・プレーヤーになった
望月さんが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9B%E6%9C%88%E6%AD%A3%E8%A1%8C

<ベストコンディションで試合ができる日なんて
ほとんどないから、

体調が悪い時は、体調が悪いを言い訳にするのではなくて
体調が悪い時の試合の練習にする>的なことを

FBに書いてあったのを読んだ記憶があります。

(内容的には合ってると思いますが
 文章はたぶん、違います。興味がある人は
 望月さんのFB探してみてください)


それを読んだ時、
<なるほど!さすが、世界王者の思考!>と思いました。

バックギャモンは平清盛も愛した
人生ゲームで

将棋や囲碁のように、
頭が良いだけでは勝てない

最後の最後で、サイコロの目に逆転される
人生の縮図の勝負です。

そこで3億人プレーヤーの頂点になった人の言葉には
ついていって、損は無いと思いました。

体調が最悪の日、嫌なことがあった日、
なんだかツイテない、
なんで、私、こんなについてないの!

という日は、

きっと数えたら、
365日中、300日くらいはありそうです。

そこをいちいち、落ち込んでいたら、
ほんと、人生、つまらないことだらけになりそうだけれど、

まあ、このツイテない日は
大事な決戦の日に、万全の体調でなくても
勝てるようになる、練習日。

と思えば、
ツイテない日でも、それなりにやりがいが出てくるし、
自己憐憫ループから抜け出しやすくなるし、
<人生で外せない日>の勝負への自信にもつながります。

とはいっても、
やっぱり、ついてない日はがっかりするし、
落ち込みもするのですが、

転んでもただでは起きたくない、という人は、

このツイテないは、
もう、ついてないんだから、
いまさら、一つ二つ、ついてないが増えても
大差ない。


人生で外せない日に、そのツイテない、が
襲ってきても、勝てるような
練習の日にする、と 腹をくくると

時間がたった時
異常に、勝負強い自分が出来あがっていると思います

勝負強い自分、魅力的です。
ツイテなくても、勝つ力半端なければ、

結果的に、楽しい人生が 手に入りそう。

【2019/08/28 16:35】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |