FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
射手座が木星に入った影響か、
今年(2019年)始めから、

クライアントさんたちに
ちらほら、「自分のコンプレックスと向かい合う」という
事を始めている方がいらっしゃいます。

例えば、
「最終学歴が短大(専門)なのが嫌なので
大学に入り直す」とかで

じゃあ、それが、収入に影響するかというと、
大学に入り直した人たちは、
入り直したところで、収入には全然関係なかったりします
(なぜなら専業主婦だったり、これから就業するような年齢ではないから)

そういう方たちは、長年の胸のつかえがとれるのか、
はたから見ていて、生き生きしてきて、
いいなぁ。と思います。

私も、今年は「自分のバカと向き合う」がテーマです。

(関西圏の方は「バカ」というと、
本当に見下された感じがするそうなので、
「自分のあほと向き合う」というニュアンスのほうが
関東圏の「ばか」と近いかもしれません)

「二十歳以降は、自分の生き方が自分の顔を作る」と
若いころであった美しいお姉さまが言っていたので、

自分なりに前向きに
一生懸命生きてきたつもりだけれど

ここに来て、やっぱり、苦手なものから
逃げてきたのかもしれない。

と思うようになり、
まあ、向かい合っているわけです。

その一つが語学なのですが

自分がバカだと認めると、
今まで小馬鹿にしていてやらなかった
テキストが

実は、自分の苦手分野を補ってくれたりしていることに
気づいたり、

今まで、見ていたはずなのに
見えなかったことが見えてくるので

あーもっと早く、自分のバカを認めればよかったぁ。
というのと、
バカ、って、認めちゃうと、楽。

という感じで、

自分のバカを認めなかったときよりも
学習効果が上がっているような気がします。

英検2級は持ってるけど、
TOEICとかは、必要ないしー、
やったって、使えないしー と思っていたのですが、

やっぱり、それは、自分のバカが
点数に出るのをみとめたくなかったから!?

と思ったら
にわかにやる気が出てきて、

テキストをこれでもか!とばかりに
買ってしまう始末・・・

買ったからには、新鮮なうちに使わないと!
テキストはお野菜と一緒なんだから!
というわけで、

大学受験以来、久しぶりに、
やる気になってきています。

大学受験の時は、
英語が苦手で嫌で嫌でしょうがなかったのだけれど

今は、そうではなく
むしろ、勉強するのが楽しみかもしれない自分がいるので、
ほんとーに、自分のバカを認めてよかったです。

(今思えば、
学生の頃は周りに帰国子女が多すぎて
平均くらいなのに、
変に劣等感を抱きすぎたのがいけなかった・・・

その時、バカを認めて、
せっかく帰国子女がわんさかいたんだから
いろいろ、教えてもらえばよかったな・・・)










【2019/11/25 22:02】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |