FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
一年ぶりに、香水ツアーに来てくださった方が
「ほんとに去年買った香水で、香水のテーマであった「美」と「金運」があがった」と教えてくださって嬉しいと同時に

最近はお香の調合に集中していたのだけれど、
香水は香水で色んなバックグラウンドがあるし、薫り方も、冬とは違うものがきれいに薫ったりして、
やっぱり香水は香水でおもしろいですよね。

さて、今回は、「香水ツアーで買った香水のパワーはいつまでつづくの?」という質問があったのでお答えします。

こたえ:その香水を使い終わるまで、基本、香水ツアーで出た香水の意味は続く、と考えていいと思います。

例えば、はじめての香水ツアーで 「A社」の「ローズ」という香水が「今、最高に恋愛運をあげる」と出たら、
3ヶ月後に「B社」の「スミレ」という香水が「今、最高に恋愛運をあげる」と出たとしても、「A社のローズ」という香水の力が失われたわけではなくて、

それプラス、「B社のスミレ」という香水も、「A社のローズ」を使って魅力の高まった自分に違う角度から、サポートがもらえるようになった、と考えられる、ということです。

「B社のスミレ」が加わったとしても、「A社のローズ」の力がなくなるわけではなくて、それを使うたびに、使い終わるまで、使い続けるたびに、香水を選んだ時の「基本に立ち返る」ようなことが起こるので、進化しつつ、ぶれない自分でいられるようなサポートが得られるのではないかと思います。

けれど、キネシで選んだ「A社のローズ」を使い終わった後、同じ「A社のローズ」を買えば、同じようなサポートが香水から得られるかは、また別問題で、

その時に再び「今、最高に恋愛運をあげる香水」を選び直したら、今度は「C社のフリージア」が出る可能性があります。

これは、香水が作られた時期によって、原材料となる植物の性質が変わる可能性がある、というのが一番根本的な原因ですが、香水を使っていくうちに、自分の中の何かが目覚めて、もう、その部分を香水で補強したり、刺激したりする必要が無くなるかもしれないからです。

香水ツアーを始めてから、バーニーズの香水スタッフの方と色々とお話させていただくようになったのですが、
やはり、長期間にわたって香水を使っていると、最初はきれいに薫らなかった香りでも、そのうちに、色々な香水を試してつけていくうちに、(必ずしも香水だけのとは言えませんが)体質が変わって、つけた後、きれいに薫るようになることはしばしばあるそうです。

ですので、同じテーマでも、その都度、テーマに沿って香水を選び直すほうが、より、合う香水に出会えるのではないかと思います。

同じテーマで選ばれる香水には、なんらかしらの共通性が見られることが多いので、同じテーマで選んだ香水にどんな香料が含まれているのか探って、自分の根本的にある要素を探ってみると、さらに香水が楽しくなるかもしれませんね。

【2014/06/04 23:05】 | 香り
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
いいね
2014/05/31(Sat) 23:09 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック