FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
クライアントさんを見ていて、
「100」という数字に、とても不思議を感じます。

それはなぜかというと、
うまくいかないことでも

ともかく「100回」という数をクリアーすると、
何かがすごく大きく変わった、というわけでもないのに、

うまくいかなかったことが、
うまく運びだすことが多いのです。

これが、語学だとか、
本人の努力がそのまま技術や結果にあらわれることなら
まだ、わかりやすいのですが、

例えば
本人の資質がよかったとしても
会社や、そこで働く人との相性がいまいちだから、
という理由で、合格にならない
就職試験などでも、

惰性で続けているだけであっても、
100、という数字が見えた途端に、
それまでの景色とは、何かが変わってくるので、
ほんとうに、不思議です。

100、という数字には、
何か、壁を越えさせる、力があるのかもしれませんね。

私は見たことが無いのですが、
昔、浅野温子さんと、武田鉄也さんが出演していた
「101回目のプロポーズ」というドラマがあったのですが

これはある意味、理にかなった
ドラマだったのかもしれません
(だから、大ヒットしたのでしょうか?)

というわけで、
「彼が欲しい~」という人は、

最近、結婚されて話題になった
山本耕史さんのように根気強く?

好きな人に「まずは100回」告白してみても
いいのかもしれないし、

101人目に、理想の彼が来るように目標を立てて、
100人まで、適当な人に、アタックしてみても
いいのかもしれませんね。

好きな人のあてすらない人は、
「自分好みの彼が行きそうな場所」に
「100回」通ってみる、のも、
おもしろいかもしれません。

お百度参り、なんていいますが、
100回越えたら、
何かが変わった!

というお話が、もし、あれば、ぜひ、教えてくださいね♪




【2015/11/19 19:58】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |


ふみか
希望の持てるお話ですね〜〜

顔コリほぐしをやってますが、ボディでもなんでも人の身体を触る人は、まず100人、次に300人で上達すると言われていると思います(*^^*)

ダンスとか語学とかだと1万時間とかもいいますよね、そういうの、面白いですね。

Re: Re: タイトルなし
*hida*
> 個人セッションを始めたとき、
> 30人、100人、300人で、たしかに変わりましたよ☆
>
> 1000人越えると、さらに、違う風景があらわれます!
> その次は~・・・
> わたしは数えなかったからわからないのですが、
>
> これから、カウントとると、
> 続けるモチベーション、あがりそうですねv-42


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
希望の持てるお話ですね〜〜

顔コリほぐしをやってますが、ボディでもなんでも人の身体を触る人は、まず100人、次に300人で上達すると言われていると思います(*^^*)

ダンスとか語学とかだと1万時間とかもいいますよね、そういうの、面白いですね。
2015/11/20(Fri) 02:13 | URL  | ふみか #-[ 編集]
Re: Re: タイトルなし
> 個人セッションを始めたとき、
> 30人、100人、300人で、たしかに変わりましたよ☆
>
> 1000人越えると、さらに、違う風景があらわれます!
> その次は~・・・
> わたしは数えなかったからわからないのですが、
>
> これから、カウントとると、
> 続けるモチベーション、あがりそうですねv-42
2015/11/20(Fri) 17:37 | URL  | *hida* #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック