FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
「とねりこまろん」のブログにも載せたのですが

トリニティーWEBで 
「コラムとしてはいいけれど、求めてるものと違う・・・」と
ボツになったコラム(笑)

せっかく書いてもったいないので、こっちでもUPします~。
よかったら、ご参考いただければ幸いです♪


Taku Shinyama (6)
ちなみに、挿絵?は
幼なじみの日本画家、新山拓 から借りた
この絵を使うつもりでした・・・

************

「5月のプチうつは五感をリフレッシュする合図」

新緑まぶしい5月は、いろんなことをしたい!できる!がんばりたい!
気持でいっぱいになるものの、
体と気力がついてこない方、多いのではないでしょうか?

そうすると「わたしって、だめだなぁ」と気落ちしてしまったりしますが、
そんなことは全然ありません。
むしろ本能的に正しい働きをしているのではないかと思います。

体もまだ温度変化に慣れ切れず、
新しいスタートを切った4月の疲れがでる5月は
急激に紫外線が増えるのもプラスされ、
見えないダメージが蓄積しやすいのです。

充電切れの電池を、気休め程度に充電したところで、
すぐバッテリー切れしてしまうのとおなじで、この季節は

・思いっきり睡眠をとる
・おいしいものを食べる
・美しいものを見る
・キレイな音楽を聞く
・肌触りのいい服を着る、


など、五感が思いっきりリフレッシュさせてあげることが、
一生懸命働くことと同じくらいの効果をあげてくれる時期なのです。


「だるくて動きたくない時ほど、床を磨いてすっきりする」

「今の自分ができる簡単なことを実行して、よりよい可能性を手に入れていく」
というのが託氣流のコンセプトのひとつなのですが、

 セッションをしていると、
「原因が特にあるわけではないけれど、なんだか疲れがとれないし、
ぱっとしない」という方の状況打破に、すると良いと出る、共通のことがあります。
 それは
 「床みがき」
 
 そんなのいつもしていますよ?という方も多いと思いますが、
毎日、掃除機できちんとほこりを吸っていても、
フローリング用シートで拭いていても、水ぶきで、
気合を入れて拭くと、雑巾は想像以上にまっくろになってしまいます。


 部屋は自分そのものの象徴、床は自分の土台を表す、といわれます。
その土台が汚れているのに気づかないまま、放っておいてしまっていたことが、
「なんとなく無気力」の原因になっていたのかもしれません。



 なぜ、こんなことで、調子がよくなるのかは不思議ですが、
一見してわからないけれど、向き合うと確実に汚れている床を念入りに拭くことで、
自分の心にかかっていたモヤがはらわれていく方は多いのです。
 

「ごちゃごちゃ床はNG。机上に緊急避難させてでも、床からモノを撤去する」

 ちなみに、はたから見ていて頑張っているのに、
なかなか認められない人の共通点に、床に直置きでモノを多く置いてある、
ということがあります。


 本人的には、収納し、きれないものを、機能的に床に配置している、
という認識が強いのですが、


 床にモノが多く置いてあると、掃除がしにくいし、
しっかり掃除をしていても死角が生まれやすく、
掃除しきれていないホコリが、

ある時は、皮膚のかゆみに、ある時は、咳き込む原因などになったりして、
本来発揮される、集中力や実力が出し切れていないのかもしれません。



 風水本などでは、運は玄関から入ってくるので玄関をまず水拭きすること。
と書いてあるのをよく見かけますが、

 
 これまでいらっしゃったクライアントさんを見る限り、
 まずは、寝室など、滞在時間の長いお部屋の床を優先して、
机や棚がごちゃごちゃになろうと、まずは床からモノを撤去させた方のうほうが、
「@@が起こった!」という本人的に変わったと自覚することが多いです。



 ですので、なんとなく、最近、さえないなぁ。と、
プチうつ症状を感じていらっしゃる方は、
まず、床をみがいてみると、うっそうとした気持ちがはらわれるのではないかと思います。
 

【2016/05/16 21:40】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック