FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
ワークショップをやっているものは
個人セッションでやるよりも、

ワークショップでやった方が効率が良いし、
多角的な視点が得られるテーマを主に扱っているのですが、

ワークショップをやっていると、思うことを
感想でいただいたので、
本人の許可をいただいて、転載させていただきます。

(ちょっと、前後のつながりがわからないとわからない部分もあると思いますが)

毎年恒例でやるワークショップなどだと、
だんだん、顔なじみになって行く方もあるので、

他の方の成長をみて、「自分も頑張らねば~!」と奮起される方もいらっしゃるし

毎年毎年、同じテーマばかりが出る方を見て、
反面教師的に、自分も反省される方もあります。

毎年同じテーマが出る方のテーマは、
他人からみると、大したことが無いことが多いのですが、

本人からすると、なかなか、越えがたい壁だったりもするのですが、

それでも、他人からみると、大したことが無いことだったりするものは、
本人が腹をくくって、トライすれば、案外、あっさり、越えられるものだったりするので、

「いやだ」とか「無理」とか、抵抗する労力で、
ワークに参加しているのであれば、
参加されている他の方たちの知恵を借りて、
どんどん、クリアーにしていくのが楽だと思います。

(何しろ、他人からみると、大したことが無いことが多いのですから
他の人は、それを達成するコツを、なにかしらで持っていることが多いのです)


*********以下、いただいたメールの原文*******


ディズニーランドに行け、行け、というのは前から言われていましたが
そういうことだったのね、と分かって面白かったです。

私は去年とは路線が変わって、外見に手を抜かないようにというベースは同じでも
狙いが変化して面白いと思いました。

私の場合は去年の課題がクリアされたというよりは
別の角度から同じ問題を扱っているというように思いました。

角度が変わる人もいればどんどん課題が高度になる人もいれば
課題はそのままだけど厳しさが増して行ってる人もいると。
面白いですね。

【2016/08/10 16:58】 | 頂いたキネシの感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック