06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

悪習慣を断つ方法 hida的キネシな日々の中で出来るカンタンなコト ⑥ ひきこもり を 脱ぎ捨てる。

おひさしぶりです。
忘れていたわけではなく、手が回っていないだけなのですが、

習慣を断つ方法 hida的キネシな日々の中で出来るカンタンなコト ⑥です。
⑥ は、ひきこもり を 脱ぎ捨てる  です。

以前、セッションに来て下さった方から、
こんなメールをいただきました。

*****************

(メール主さん、お待たせしました!)
以下原文。

*****************

何度もすみませんm(_ _)m
以前私がお世話になったときのアドバイスが、、、
気持ち的には ひきこもっていたい方なのですが、
むしろ 仕事に出て稼いだ方がよいというような内容でした。
その後 大分経つのですが、結果 ひきこもり気分が抜けず
なかなか行動に移せないのです(>_<)

顕在意識では 働きたくない
潜在意識は 働きたい 、、

隔たりがある場合 どのようにとらえ
考え行動したらよいのか 参考に教えていただけましたら
と思っておりますので
宜しくお願い致しますm(_ _)m

************************


この方の、質問は、以前書いた、下記のメール主さんと、
共通するところがあります。

「やったほうがいいとわかっているけど、やろうとすると具合が悪くなる」
http://ainebutterfly.blog83.fc2.com/blog-entry-441.html

人は、自分にとって、よりよい方向があると知っていても、
体は、慣れているものに戻る癖があります。

メール主さんの場合は、

顕在意識では 働きたくない
潜在意識は 働きたい 、、


なので、本来は、バリバリ働いた方が、
いろんな意味で、幸せをつかみやすいのだけれど、

体が慣れている、「働きたくない 」に、ずるずると
引きずれれてしまっているのだと思います。

こういう時はどうすればいいのか?

顕在意識と潜在意識の真ん中を
ゆるゆる行って、
徐々に、潜在意識の望む方向に、生活習慣を変えていくのが
良いと思います。

例えば、無理と思っても
「これだったら、自分は喜んで働きに行く!」という条件をピックアップし

応募条項に合わなくても
ともかく、どんどん、エントリーをし続ける、とかです。

(実際に、この方法で、
びっくりする数のエントリーをされましたが、

希望を満たしているところで
働けるようになった方は、何人もいます)


顕在意識と潜在意識の差が激しい方は、

頭で考えすぎたり、
あまりにも先を考えすぎたり、
その結果、思い浮かんだ予想に対して
沸き起こった気持ちに

感情移入し過ぎた結果、
動けなくなってしまう方も多
いので、


もう、頭で考えるのも、沸き起こる感情も
ともかくひとまず、脇に置いて、


手当たりしだい、ともかく、
人が良いといったこと、勧められたこと、閃いたことを
いいとか、わるいとか、考えないで、

まず、やってみる、行動してみる、のが良い
と思います。


動くことで、それが新しい出会いや運を連れてきてくれることは
多々ありますが、

同じところでじっとしていても
そういう化学反応はなかなか起きないのですから。


ちなみに、成功する人や、思わぬ引立てを受ける人、
経営者の方たちは、

よくいわれることですが、
マグロのように動き続けている人が多いです。


色々な人に合うことで、新しい刺激を受けて、
本人がより、魅力的になったり、

人と人との出会いが、新しい化学変化を起こすからだと思うのですが、

<キネシ的に>
その反対の、ひきこもりの人は、
(いまさらキネシで見るまでもない気もしますが)

<財産を得られるチャンスを逃す>

そうです。


ちなみに、私は、
今の家に引っ越してから、2年ちょっと、
3日間連続で家にいたことが3回しかなく、

家にいても、何かしらの作業をしているので
ここ4年くらい、寝込む以外は、まともに休んでおらず、
(お正月も、元旦から、仕事の電話がかかってくるし…)


ほんとに、まぐろのように、動き回っているのですが、


そのせいなのか、この4年の間で
(プライベートで)
本来、縁ができるわけのないような、有名な人や
大きな会社の社長とお会いしたり、
お話しする機会を頂けているのですが、

そういった方たちは、
本当に、忙しいのに、
なんで、こんなにフットワーク軽いの!?と
叫びたくなるくらい、
遊びに仕事に、ほんと~に、よく、動き回ります…

(44歳で出産されたFさんも、フットワークが軽く、
人付き合いの良い、よく、動かれる方です!)

<対策>
ちなみに、引きこもっていたい気持ちの強い方は、

リフレッシュとリラックスの使い分けが下手な人が多いようなので、

リフレッシュとリラックスを使い分けて、
どんどん、動くようにする。(外にでる)


とよいようです。

疲れをとるのに、引きこもった方が良い人も、
もちろん、いるのですが、(リラックス)


疲れの種類によっては、体も心も疲れていても、
あえて、外に出て、活動的になった方が、
心身に蓄積した疲労が消えやすい人もいます。


疲れが原因で
ひきこもりたい気持ちが強く、
それなのに、、
休んでも治らなかったら、

体に鞭打ってでも、外に出て、
スポーツをした方がいい(リフレッシュ)
と思うし、

それとは関係なしに
ひきこもるのであれば、

「日曜日、一日だらだらするために、
土曜日は、やりたくないけど、一生懸命活動してくるぞ!」という風に、


メリハリをつけて、ひきこもりするのが良いかと思います。


もっとも、
<財産を得られるチャンスを逃す>も構わないのであれば

何にも、とんちゃくせず、
思う存分、ひきこもりつづけるのも、
人生の選択のひとつではありますが・・・


(18年ひきこもりで、家事も労働もせず、ひたすら文章を読み、書き続け、
作家になった方も、いますが、

一応、この方は、ただひたすら、一つのことに、集中して
作業・行動はしてますね)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

カテゴリー

プロフィール

*hida*

Author:*hida*
はじめまして(^^)♪
行動心理アドバイザー の hidaです
音楽関連の会社から転向し
1999年からチョコチョコと人からはセラピストと呼ばれるようなことをしています
が、そういう自覚はあまりなく、どちらかといえば、昔の語り部に近いのでは?と思っています。そういうわけで、あくまで、「その人の中に眠る物語を読み伝える人」だと思っていますので、「Personal Story Teller」といっていたんですが「行動心理アドバイザー」のほうがやっていることと一致している!とのことで、現在では「行動心理アドバイザー」と言っています。
ジャンルとしては、

・オーストラリアン・ワイルドフラワー・アートセラピスト
・アリゾナ・カクタスフラワーカード&エッセンスセラピスト・ティーチャー
・パシフィックエッセンス・プラクティショナー
・スリーインワンコンセプト・プラクティショナー
・ミスティカオイル・セラピスト
・オーラソーマ・コンサルテーション
・ヒプノセラピー
・クリスタルテレグラムセラピスト
・JAKDA認定カラリスト
・照明コンサルタント
・DAFA(フランス国立園芸協会認定の国家資格のフラワーアレンジメントのライセンスです)
・いけばな師範 草月流1級師範 総務
・香司(和の香原料を使って香りを調合したりします)教授資格有
・日本酒の利き酒師
とかやってます


「自分を最高に癒せるのは自分」と思っているので「セラピスト」という名称には抵抗があります。
(というわけで人がそう呼ぼうと私は『セラピスト』ではありません。ちなみに医者でも調理師でもありません)

私がするのは「あたの知らない眠れる魂の物語を読み解く」こと。
それを生かしていくのはあなた自身
人生は決まりきったものではなく、「楽」な道を行くのも「きつい」道を行くのも自分で決められます。
ちょっと未来にどんな選択肢が待ち受けているのかという可能性、魂と先祖の記憶・・・もし、お望みならばお伝えします。

今はキネシオロジーを使ったセッションが好評いただいてます。

<活動場所>
東京・西日暮里(日暮里)
「シャレースイスミニ」(スイス料理屋さん)
毎月2回第2・3土曜日
*フラワーアートセラピー
http://www.chaletswissmini.com/

他は横浜で活動してます。

セッションは
基本的にご紹介者がいらっしゃる方のみと
させていただいています。


今まで使ってきたフラワーエッセンスの徒然日記はこちらです。
興味があったらごらんくださいね。
http://maloon8lagoon.blog51.fc2.com/

(キネシの日記は一部、mixiの日記に加筆修正しているものもあります)

***
セッションは「可能性」の物語を示すものであり、
その内容は医療的効果・効用を保証するものでも
必ず人生を変えるものであることを保証するわけでも
「現実の真実」であることを保証するものでもありません。
事前にご理解、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

ブログ内検索

最近の記事

QRコード

QR

リンク

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSフィード