FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪

悪女入門 ファム・ファタル恋愛論 (講談社現代新書)

以前から、面白い面白い、と聞いていた本なのですが
読んだら、ほんとにおもしろかったです。

2002~2003年の間に
Frauという雑誌(現在廃刊)で連載されていたそうなので、
読んだことのある方もあるかも?

平たく言うと、フランス文学に出てくる<悪女>をモチーフに
<男性に選ばれる女性のテクニック>を
男性目線で解説している本なのですが、

<あとがき>が、かなり、いい味をだしています。

要約すると
女子大で教えている作者の鹿島先生は、

日ごろから
<ゴレンジャー女子>

(=男子とわいわい仲良くやれるのに、
友達以上恋人未満で終わる女性。) のほうが、

男は、結婚したら、結局楽しいだろうに、

<ウッフン女子> 
(=いわゆる、ぶりっこ女子)

に、彼女たちは叶わず、

性格も誠実さもあるのに、
(ときには見目麗しいのに)

それゆえ、寂しい想いをせざるを得ないのはおかしい。と。

だったら
<ゴレンジャーガール>たちに

<ウッフン女子>の最強版である
<スーパーウッフン=最強の悪女、ファムファタル>
テクニックを

フランス文学をベースに伝授して
幸せになる技術をみがいてもらおう!


というのが、本書の狙いのようです。

特に参照してほしいのは
<スワン>の項。です。

これは、相手の好みが自分ではないのにもかかわらず、

相手の好みは<自分だ>と思いこませて
結婚させてしまった、女性の話。

この<演出力>は
無理やり、自分を変える、とはまた違うので、

こだわりが強くて
なかなか、思うようにいかない女性には
応用し甲斐があるのではないでしょうか?

ちなみに、私は

第一印象を相手好みにばっちり合わせて結婚し、

その後、元に戻ったのだけれど、

未だに、だんなさんは、
<出会ったころの姿が本当の姿>で

<いまは、ちょっと違う趣味になってるだけだから>

<はやく、出会ったころの、趣味に戻ってくれないかなー>と
思いつつ、日々を暮らしている方の話を聞いたことがあります。

男子校で育ったり、
男系家族で育った男性が読むのも
勉強になりそうです。





【2018/08/03 17:31】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック