FC2ブログ
hida的キネシ術について。 日々、気づいたこと、体験したことなどの記録&日記です(^^)♪
そういうわけで、
私は嫌いなことから逃げてない。と思っていたのですが


いやいや、よく考えたら
学生時代から苦手だった語学からはやっぱり逃げてました。

逃げすぎて、逃げてることから忘れてました。



ところが、ここにきて、追いつめられてきた、というか
語学ができれば
もっと、大きなチャンスをつかめたのに!
ということがあって、悔しくなり、


ちょこちょこ思い出したように
勉強はしていたので
逃げていないつもりだったのですが

結局、身につかない勉強なんて、

机の前に座って、
勉強してるふりをしてる子供と一緒で
やっぱり、逃げていたんだなーと
思うのに至ったのでした。


そういうわけで、
今年は射手座木星期!
外国のものはツキがある!と自分を奮起させて
本腰をいれることにしました。

残念ながら
語学は一日二日で
できるようになるものでもないので、

まだまだ、幼稚園児レベルで
茶道や香道に比べれば
まったく、手ごたえを感じない状況が続いているのですが、

ちゃんと向き合うと腹をくくったせいか、
別の部分に、
<長いトンネルが終わりそうな気配>を
感じるような気がしてきました。


語学と向き合うことにした。というのは
友達にはいっていなかったのですが、

なぜか、遠方の友達にも
同じようなことが生じていて
今年は<苦手克服年>と銘打って、

<できたほうがいいけど、ずっと手をつけてこなかったこと>に
チャレンジしている人が多く、

クライアントさんの中にも
<ずっとコンプレックスだったこと>を解消させるために
行動を始めた方が多いです。

それははたから見たら
<え?いま、それにお金使ってどうするの?
それが身についたところで、使えなくない?>

みたいなことも多いのですが、

芯の部分で生命力が燃え立ってきている、という感じで
見ていて、かつてよりも、ずっと若々しく、
ブレがない、感じがして
気持ちがいいです。



【2019/09/11 20:04】 | セッションの中で気づいたこと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック